サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリー2022前半戦が終了。トヨタは首位堅守のアル-アティヤを含む全4台が生き残る

ここから本文です
 中東のサウジアラビアを舞台に、1月1日から14日にかけて開催されているW2RC世界ラリーレイド選手権第1戦『ダカールラリー2022』は、7日(金)に行われたステージ6でラリーの前半戦が終了した。同ラリーの折り返し地点において、新型マシンとなる4台のGRダカールハイラックスT1+を今大会に投入しているTOYOTA GAZOO Racingは、ナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組が総合首位に立っている。

 また、チームメイトたちもそれぞれ速さを見せており、ベテランのジニエル・ド・ヴィリエール/デニス・マーフィ組は表彰台を争う総合4番手につける。

おすすめのニュース

サイトトップへ