現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【2024年F1新車情報:マクラーレン】昨年型から大きな変更点のないMCL38。話題になったフロア側面は2分割

ここから本文です

【2024年F1新車情報:マクラーレン】昨年型から大きな変更点のないMCL38。話題になったフロア側面は2分割

掲載
【2024年F1新車情報:マクラーレン】昨年型から大きな変更点のないMCL38。話題になったフロア側面は2分割

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年シーズンのF1プレシーズンテストが始まった。1月下旬より各チームによる新車発表が行われたが、カラーリングの公開のみにとどまったチームもあり、このテストでようやく全チームの新型マシンの実車を目にすることになる。今回は、マクラーレン・フォーミュラ1チームの2024年型マシン『MCL38』を特集する。

────────────────────────────────

「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目


 2023年の後半戦に急激に競争力をつけてきたマクラーレン。その分、2024年の新車の開発が滞ったのか、プレシーズンテストの段階では、空力的には細部を改良してきた程度で、昨年からの大きな違いを見ることはできなかった。

 フロントウイングの一番下のメインフラップの中央の形がスプーン型に変更された。また翼端板に装着されているフィンが、昨年は『S』字状だったのに対して、今年はほぼ直線になっているのがわかる。

 マクラーレンの最大の特徴は、サイドポンツーンの入口の前に、サイドインパクトに対するクラッシャブルストラクチャーを利用した空力パーツを配置したことだ。これは2017年のフェラーリSF70Hが先鞭をつけたアイデアで、その後多くのチームが2021年まで採用した。

 新車発表時に公開した写真では一部加工されていたことで話題となったフロアの側面の形状がテストで明らかとなった。写真ではわかりづらいが、フロアの側面は2分割となっており、金属製の空力パーツで繋げられている。

 サイドポンツーンがコンパクトなった分、冷却システムには、より効率性が求められるようになっている。全体的にコンサバな印象だが、これは昨年の後半にさまざまなアップデートを行ったため。昨年の後半にしっかりとパフォーマンスが上がったことを確認している以上、今年のマシンを大きく変える必要はなかった。今年もシーズン中のアップデートに期待したい。

こんな記事も読まれています

アロンソ「タイヤを3種類使いレースをテストのように利用。一度態勢を立て直したい」:アストンマーティン F1第7戦決勝
アロンソ「タイヤを3種類使いレースをテストのように利用。一度態勢を立て直したい」:アストンマーティン F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
アルボン「ピット出口でリミッターを解除した時に振動を感じ、何かおかしいと気づいた」:ウイリアムズ F1第7戦決勝
アルボン「ピット出口でリミッターを解除した時に振動を感じ、何かおかしいと気づいた」:ウイリアムズ F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
新生ディフェンダーが体系見直し装備拡充の2025年モデルを導入。ディーゼルは出力向上で350PSに
新生ディフェンダーが体系見直し装備拡充の2025年モデルを導入。ディーゼルは出力向上で350PSに
AUTOSPORT web
[car audio newcomer]ダイハツ ミライース(ショップデモカー)by サウンドカーペンター 後編
[car audio newcomer]ダイハツ ミライース(ショップデモカー)by サウンドカーペンター 後編
レスポンス
なぜ「バッテリー上がり」は起こる? この“前兆”に思い当たったら要注意!
なぜ「バッテリー上がり」は起こる? この“前兆”に思い当たったら要注意!
くるくら
トヨタ シエンタの一部改良でコネクティビティや外部給電などより便利に
トヨタ シエンタの一部改良でコネクティビティや外部給電などより便利に
Auto Prove
ジュリー・メレツのBMWアートカー、パリの「ポンピドゥー・センター」で世界初公開へ
ジュリー・メレツのBMWアートカー、パリの「ポンピドゥー・センター」で世界初公開へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ボッタス「狭いコースでの追い抜きは難しく、スタート順位がよくなかったのが響いた」:キック・ザウバー F1第7戦決勝
ボッタス「狭いコースでの追い抜きは難しく、スタート順位がよくなかったのが響いた」:キック・ザウバー F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
車の横につけるだけ! アウトドアで大活躍の車用シェルター『カーサイド シリーズ』
車の横につけるだけ! アウトドアで大活躍の車用シェルター『カーサイド シリーズ』
月刊自家用車WEB
ガスリー「予選よりもクルマの競争力がないと感じた。どこに改善の余地があるか見直しが必要」:アルピーヌ F1第7戦決勝
ガスリー「予選よりもクルマの競争力がないと感じた。どこに改善の余地があるか見直しが必要」:アルピーヌ F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
ヒュルケンベルグ「ペースは十分ではなく、早めのピット戦略もレースを厳しいものにした」:ハース F1第7戦決勝
ヒュルケンベルグ「ペースは十分ではなく、早めのピット戦略もレースを厳しいものにした」:ハース F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
バレンティーノ・ロッシ、ミサノで2年連続優勝。WRT勢が週末2連勝を飾る/GTWCヨーロッパ第3戦
バレンティーノ・ロッシ、ミサノで2年連続優勝。WRT勢が週末2連勝を飾る/GTWCヨーロッパ第3戦
AUTOSPORT web
“かわす性能”をオフロードにも。アライ、新色『V-CROSS 4 BATTLE』を2024年6月下旬に発売
“かわす性能”をオフロードにも。アライ、新色『V-CROSS 4 BATTLE』を2024年6月下旬に発売
AUTOSPORT web
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
VAGUE
「炎天下」の車内に“放置”は厳禁! 爆発や火災の危険性も!? うっかり「置きっぱなし」だとヤバイ物とは?
「炎天下」の車内に“放置”は厳禁! 爆発や火災の危険性も!? うっかり「置きっぱなし」だとヤバイ物とは?
くるまのニュース
「リッター馬力」って、どういう意味?
「リッター馬力」って、どういう意味?
バイクのニュース
ホンダ新型フリード発表!! めっちゃ売れそう!! 最大のウリは?
ホンダ新型フリード発表!! めっちゃ売れそう!! 最大のウリは?
ベストカーWeb
90年代のホンダ「HR-V」は早すぎる登場だった!? 令和の今ならクロスオーバーSUVの旗手として爆売れしたかもしれません
90年代のホンダ「HR-V」は早すぎる登場だった!? 令和の今ならクロスオーバーSUVの旗手として爆売れしたかもしれません
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村