サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鬼監督シュタイナー「険しい道で学ぶ方が、甘やかすより良い」と新人2名の2021年の経験重要視

ここから本文です

鬼監督シュタイナー「険しい道で学ぶ方が、甘やかすより良い」と新人2名の2021年の経験重要視

鬼監督シュタイナー「険しい道で学ぶ方が、甘やかすより良い」と新人2名の2021年の経験重要視

 2021年、ハースF1はミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンというふたりのルーキードライバーを起用した。結局このシーズンは、チームとして参戦を開始して以来の最も苦しいシーズンとなったが、代表のギュンター・シュタイナーは彼らに険しい道の中で学んで欲しかったと語っている。

 ハースは2021年シーズンに向けた開発を行なわないことを選んだ。これは2022年に控える大幅なレギュレーション変更にリソースを振り分けることを決定したためだ。それもあって2021年はシーズンを通じて苦しい戦いが続き、ノーポイントで終えることにも繋がった。

【F1特集】2021年のF1ルーキーを真剣評価! 角田裕毅やミック・シューマッハーらはシーズンをどう戦ったのか

 また新人ドライバーを起用したことも、ハースにとっては初めての経験(負傷したロマン・グロージャンの代役として2020年終盤戦を走ったピエトロ・フィッティパルディは除く)で、ふたりとも新人という状況はいわずもがなだ。

 チームを率いるギュンター・シュタイナー代表は、ルーキーふたりの”育成”に関して、苦しい中でも自ら学ぶことが必要だったと話している。

「我々も自分たちが何をしているか分かっていた。だが何が起こるか、その全てを理解していたわけではない」

「彼らがいかに若いか、そして経験が浅く、助けが必要だということをチームも理解していった」

「彼らが自分自身で学ばなくてはならないこともある。指導はできても、教えることのできないものもあるんだ。泳ぐか、溺れるか……それを浮かび上がらせるためのような仕事を、私はやりたくはない」

「険しい道で学ぶほうが、自らの中に取り入れられるし、優れている。甘やかすよりは良いさ。マシンに競争力が無いならば、甘やかすのも簡単だ。ポイントを獲得できないのだから」

「2022年には、またポイントを獲得していきたい。彼らも失敗から、多くのことを学んできた」

「2021年に良かった唯一のコトは、動揺する必要がなかった点だろう。我々には失うものは何もなかったからね」

 なおシューマッハーとマゼピンは、2021年シーズン中にコース上で接近戦を繰り広げる場面も何度かあり、チーム-オーダーを巡っては意見の対立もあった。ただマゼピンはシーズン終了後、motorsport.comに対してシューマッハーとは厳しい瞬間も何度かあったものの、今では”ニュートラル”な関係だと語っていた。

 シュタイナー代表はふたりの関係について、ジュニアカテゴリー時代のように内部でトップドライバーになるために争うのではなく、チームのために共に協力して取り組むということを理解し、メンタル面をそちらの方向に変えていくことが必要だと語った。

「シーズン序盤、彼らは互いに争っていた。我々は『君たち! 19番手争いなんだぞ!』と言うようなこともあった」

「それはチームにとっては、それ(19番手を激しく争うこと)はすべきことじゃない。ある段階で、彼らもそれを理解した。F1はひとりの(チームメイト)ドライバーを倒すものではないと理解したんだ」

「フリー走行で戦略面の仕事をするときに、『なぜこのタスクをする必要があって、もうひとりはしなくていいんだ?』となっても、それはチームにとってより良いタスクだからなんだ。シンプルな答えだよ」

「我々にとって、彼らはAドライバーとBドライバーではない。ふたりのAドライバーだ。チームにとって何が良いかを考えた時、皆に同じ機会が与えられることになる。差別はなく、平等なんだ。それがlこのチームの仕組みなんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します