サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初日最速ボッタス、接触で戒告処分受ける「グロージャンが見ていないとは思わなかった」:メルセデスF1

ここから本文です
 2019年F1アブダビGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=1番手/2=1番手だった。FP1では1分36秒957(ミディアムタイヤ)、FP2では1分36秒256(ソフトタイヤ)を記録した。

 ボッタスはFP2でロマン・グロージャンを追い越そうとした際に起きた接触について、スチュワードから戒告を受けた。スチュワードに対して接触の責任は自分にあると認めたボッタスは、グロージャンに謝罪している。グロージャンは接触によるダメージで、ひとつしかない最新仕様のフロアを失ったため、土曜以降は以前の仕様に戻して走ることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ