現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 史上初3.6L「Tハイブリッド」で541馬力 ポルシェ新型911カレラGTS予約開始 デザイン、足回りも刷新

ここから本文です

史上初3.6L「Tハイブリッド」で541馬力 ポルシェ新型911カレラGTS予約開始 デザイン、足回りも刷新

掲載 15
史上初3.6L「Tハイブリッド」で541馬力 ポルシェ新型911カレラGTS予約開始 デザイン、足回りも刷新

本日(5月29日)より予約受注開始

ポルシェ911に史上初のハイブリッドが導入された。伝統的なフラット6に電動ターボ、電気モーターを組み合わせた「超軽量パフォーマンス・ハイブリッド」とされている。

【画像】ついに電動化!「911ハイブリッド」はどんなクルマに?【新型ポルシェ911カレラを写真で見る】 全28枚

ドイツの自動車メーカーであるポルシェは5月28日、新型「911カレラ」および「911カレラGTS」を発表した。内外装のデザイン変更、装備の充実化、そしてパワートレインの大幅改良を実施した。

29日より日本国内で予約受注が開始され、希望小売価格(消費税込み)は911カレラで1694万円から、911カレラGTSで2254万円からとなっている。クーペとカブリオレ、タルガトップが用意されている。

新型911カレラGTSは、「Tハイブリッド(T-Hybrid)」と呼ばれるハイブリッドシステムを初めて採用した。新開発の3.6L水平対向6気筒エンジンは、従来型より排気量が0.6Lアップし、電動アシストなしでも最高出力485psと最大トルク58kg-mを発生。これに8速PDKに組み込まれた54ps(40kW)の永久磁石同期モーターの出力を加えると、合計出力541ps、最大トルク62kg-mに達する。

駆動用バッテリーの容量は1.9kWhで、400Vの電圧で作動するが、そのサイズと重量は従来の12Vバッテリーと同等だという。車載電源用の12Vシステムには軽量リチウムイオンバッテリーを使用する。

電動化により車両重量は50kg増の1595kgとなった。そのうち27kgはバッテリーによるものだが、フロントに配置されているため前後重量配分がわずかに変化し、およそ37:63になるという。

ポルシェは、911カレラGTSの0-100km/h加速を3.0秒(従来比0.4秒短縮)、最高速度を312km/hとしている。

Tハイブリッドとは「ターボ・ハイブリッド」の略。耐久レースなどモータースポーツで培った技術を生かし、ウェイストゲートのないボルグワーナー製電動ターボチャージャーを採用、瞬時にブースト圧を上昇させることでレスポンス向上を実現している。ターボの電気モーターはジェネレーターとしても機能し、最大15ps(11kW)の電力を発生するという。

一方、911カレラは改良型の3.0L水平対向6気筒ツインターボを搭載。これまでのGTSモデルからターボを移植し、最高出力394ps、最大トルク45.8kg-mを発生する。0-100km/h加速は4.1秒(スポーツクロノ・パッケージ装着車は3.9秒)、最高速度は294km/hとされている。

空気抵抗を大幅に低減

足回りとエアロダイナミクスにも改良が加えられている。911カレラGTSでは後輪操舵システムを標準装備とし、高速走行時の安定性向上と最小旋回半径の縮小を実現した。また、車体制御システムのポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール(PDCC)をTハイブリッドと統合し、柔軟性と精度を高めた。

ホイールは19/20インチまたは20/21インチの計7種類のデザインが用意され、911カレラでは空気抵抗を減らすカーボンブレードが備わる。911カレラGTSでは、フロントに245/35 ZR 20タイヤを、リアに315/30 ZR 21タイヤを標準装備する。

エクステリアは空力・冷却性能の改善に焦点を当てたデザインとなる。911カレラGTSのフロントエンドには、ラジエーター冷却用の縦型アクティブ・エアフラップとアンダーボディのアダプティブ・ディフューザーが装備され、必要に応じて連動し、空気の流れを最適化する。

オプションとして揚力を低減するエアロキットも用意されている。空気抵抗係数を表すCd値は従来の0.32から0.27に低減した。

新しいヘッドライトも特徴的だ。ターンシグナル(ウィンカー)とデイタイム・ランニング・ライトをマトリックスLEDヘッドライトに統合し、フロント周りをすっきりさせた。オプションとして、3万2000個のピクセルを備えたHDマトリックスLEDヘッドライトも選択可能だ。

リアでは「PORSCHE」ロゴをライトストリップと統合し、よりワイドな印象を与えている。リアバンパーはシンプルな形状となり、ナンバープレートの位置も高めに設定された。911カレラGTSにはスポーツエグゾーストが標準標準される。

プッシュ式スタートボタン採用

インテリアのデザインは大きく変わっていないが、ドライバーディスプレイはフルデジタル化し、タッチスクリーンにはハイブリッド専用の表示が追加された。また、911として初めてスタートボタンが採用され、ステアリングホイールの隣に配置されている。

コネクティビティ機能も強化され、アップル・カープレイとより深く協調するようになり、駐車中の動画ストリーミング・サービスもオプションで利用できるようになった。

1963年の初代の登場以来、911はポルシェを象徴するスポーツカーとして世界中で認知されてきた。世界で最も有名なスポーツカーの1つと言っても過言ではない。シリーズ初の電動化はファンにどのように受け入れられるのか、また今後どのように発展していくのか、引き続き注目したい。

新型911カレラおよび911カレラGTSの希望小売価格(消費税込み)

911カレラ:1694万円
911カレラ・カブリオレ:1943万円
911カレラGTS:2254万円
911カレラGTSカブリオレ:2503万円
911カレラ4 GTS:2365万円
911タルガ4 GTS:2615万円
911カレラ4 GTSカブリオレ:2614万円

こんな記事も読まれています

車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
車重1.5トン以下、スポーティな小型EV登場 アルピーヌ新型「A290」来年納車開始
AUTOCAR JAPAN
ポルシェを超えた? 10分で310km分を充電 英ロータス、新型EVで市販最速に
ポルシェを超えた? 10分で310km分を充電 英ロータス、新型EVで市販最速に
AUTOCAR JAPAN
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
AUTOCAR JAPAN
61年の歴史で初 ハイブリッド化されたポルシェ改良新型「911」に熱視線! SNSでの反響とは?
61年の歴史で初 ハイブリッド化されたポルシェ改良新型「911」に熱視線! SNSでの反響とは?
VAGUE
フェラーリの全ては12気筒から始まった 「12チリンドリ」日本初披露
フェラーリの全ては12気筒から始まった 「12チリンドリ」日本初披露
AUTOCAR JAPAN
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
AUTOCAR JAPAN
BYD、ハイブリッドSUV欧州初導入 「シールU」は約670万円から 
BYD、ハイブリッドSUV欧州初導入 「シールU」は約670万円から 
AUTOCAR JAPAN
フェラーリ製V8をお手頃価格で! マセラティ・グランスポーツ UK中古車ガイド お安いだけの「理由」アリ?
フェラーリ製V8をお手頃価格で! マセラティ・グランスポーツ UK中古車ガイド お安いだけの「理由」アリ?
AUTOCAR JAPAN
【Sラインの魅力を】 アウディQ5/Q5スポーツバックに特別仕様車 Sライン・ダイナミックエディション
【Sラインの魅力を】 アウディQ5/Q5スポーツバックに特別仕様車 Sライン・ダイナミックエディション
AUTOCAR JAPAN
「盛りすぎ」感も漂う2ドアクーペ BMW M2 長期テスト(1) 路面の管理状態の悪さを実感
「盛りすぎ」感も漂う2ドアクーペ BMW M2 長期テスト(1) 路面の管理状態の悪さを実感
AUTOCAR JAPAN
フェラーリ新型「スーパーカー」日本初公開! 830馬力のV12エンジン搭載!? 「12チリンドリ」とはどんなモデルか
フェラーリ新型「スーパーカー」日本初公開! 830馬力のV12エンジン搭載!? 「12チリンドリ」とはどんなモデルか
くるまのニュース
NIO、新型ラグジュアリー電動SUVの『EL8』を欧州発表…航続510km
NIO、新型ラグジュアリー電動SUVの『EL8』を欧州発表…航続510km
レスポンス
アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』発表…220馬力モーター搭載
アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』発表…220馬力モーター搭載
レスポンス
メルセデスがEQBの改良モデルを発表。バッテリー容量を拡大したほか、最新デザインを採用しスタイリッシュに変身
メルセデスがEQBの改良モデルを発表。バッテリー容量を拡大したほか、最新デザインを採用しスタイリッシュに変身
Webモーターマガジン
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
AUTOCAR JAPAN
アメリカンな魅力 × ドイツ勢に並ぶ洗練性 7代目 フォード・マスタングへ試乗 ハイテクなマッスルカー
アメリカンな魅力 × ドイツ勢に並ぶ洗練性 7代目 フォード・マスタングへ試乗 ハイテクなマッスルカー
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「マカンターボ」と「マカン4」の2モデルを試乗! もはやエンジンはなくとも「軽快な走りはポルシェそのもの」
ポルシェ新型「マカンターボ」と「マカン4」の2モデルを試乗! もはやエンジンはなくとも「軽快な走りはポルシェそのもの」
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ新型「EQB」登場 3列7人乗りのコンパクト電動SUVは内外装を一新
メルセデス・ベンツ新型「EQB」登場 3列7人乗りのコンパクト電動SUVは内外装を一新
VAGUE

みんなのコメント

15件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1694.02615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

220.08350.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1694.02615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

220.08350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村