現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン、2万ユーロの入門EV発表へ

ここから本文です
フォルクスワーゲン、2万ユーロの入門EV発表へ
写真を全て見る(1枚)

フォルクスワーゲングループは5月28日、入門クラスの新型EVを2027年に初公開すると発表した。ベース価格は2万ユーロ(約340万円)を予定している。

これは、全電動エントリーレベルのモビリティを推進する新プロジェクトの一環だ。このプロジェクトは、欧州向けに手頃な価格のEVを提供することを目指しており、特にエントリーレベルのセグメントでのEV普及を促進する。フォルクスワーゲングループは、ヨーロッパでの高いローカリゼーションを重視し、長距離輸送によるCO2排出を削減することも目指している。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
Auto Messe Web
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
WEB CARTOP
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
AUTOCAR JAPAN
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
くるくら
なぜバブル期の日産「NXクーペ」を20代の若者が購入?「かわいいフォルムにひと目惚れしました」実は「ラシーン」に増車でした
なぜバブル期の日産「NXクーペ」を20代の若者が購入?「かわいいフォルムにひと目惚れしました」実は「ラシーン」に増車でした
Auto Messe Web
U-NEXTの動画配信サービスがBMW X1/X2/2シリーズ アクティブツアラーで利用可能に
U-NEXTの動画配信サービスがBMW X1/X2/2シリーズ アクティブツアラーで利用可能に
カー・アンド・ドライバー
フォードRS200復活へ!──GQ新着カー
フォードRS200復活へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
カー・アンド・ドライバー
「知らないなら“免許返納”を…」 道路にある「謎の斜線ゾーン」どんな意味? 停車したら違反じゃないの? 元警察官が解説
「知らないなら“免許返納”を…」 道路にある「謎の斜線ゾーン」どんな意味? 停車したら違反じゃないの? 元警察官が解説
くるまのニュース
ホンダやヤマハが実用化しているマイルドハイブリッド! クルマの「ストロングハイブリッド」との違いは?
ホンダやヤマハが実用化しているマイルドハイブリッド! クルマの「ストロングハイブリッド」との違いは?
バイクのニュース
アルファロメオ・トナーレにNFT技術を活用したデジタル認証機能を新採用
アルファロメオ・トナーレにNFT技術を活用したデジタル認証機能を新採用
カー・アンド・ドライバー
ホンダ、世界で最も売れたバイク「50cc原付カブ」の生産終了へ[新聞ウォッチ]
ホンダ、世界で最も売れたバイク「50cc原付カブ」の生産終了へ[新聞ウォッチ]
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • ********
    走行性能に関しては、新たに開発されたモーターが搭載されており、圧倒的な加速性能であり、アウトバーンの高速走行でも安定したパフォーマンスを発揮します​​。
    試乗によって誰もが感じ取ることができるは、EVとしての静粛性と滑らかな走行感覚です。特に、改良されたダイナミックシャシーコントロール(DCC)により、乗り心地が向上し、マイルドで安定した走行が可能になっています。高速道路での加速もスムーズで、180km/hまでの速度域でもストレスなく走行できます​。
    また、充電インフラについても注目すべき点があります。VWはアウディやポルシェのディーラーで急速充電が可能で、充電ネットワークの拡充が進んでいます。しかも、寒冷地での充電効率も気温の影響を受けることがありません​。
    総じて、VWのEVは、性能はもちろん、使い勝手や快適性も高いといえるでしょう。VWらしい合理的な設計と高い品質を感じられる一台ですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村