現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 約1万円でドゥカティオーナーになる!……自分で作らなきゃだけど。「パニガーレV4Rレゴ」を製作してみた(作業は10時間かかったよ)

ここから本文です

約1万円でドゥカティオーナーになる!……自分で作らなきゃだけど。「パニガーレV4Rレゴ」を製作してみた(作業は10時間かかったよ)

掲載 2
約1万円でドゥカティオーナーになる!……自分で作らなきゃだけど。「パニガーレV4Rレゴ」を製作してみた(作業は10時間かかったよ)

ドゥカティ×レゴの公式コラボアイテム

撮影が終わった後、モデルのたけいみさとが、モーサイ編集部でいつもどおり雑談していたときのことである……。

【関連写真28点】「レゴ初めて女子」と一緒にドゥカティの組み立て手順を解説

たけい(パラパラと雑誌をめくりながら)「ねぇねぇ、ドゥカティって格好いいけど、お高いんでしょ? おいくら万円くらいするの?」

──唐突にどうしたの? ドゥカティ欲しいの? 新車だと下が100万円ちょっとからで、一番高いのはスーパーレッジェーラV4っていうMotoGPマシンの公道版で世界限定500台の1195万円かな。

たけい「すごーいそれ、お家買えそう。給付金を何回もらっても足りないや(笑)。いや、最近赤いバイクが気になるんですよ」

──赤は「情熱」って言うしね、たけいちゃんにぴったりじゃない。じゃあパニガーレV4Rはどう? これも4気筒で998cc、221馬力でスタイルも格好いいよ。463万5000万円は割安感すらある。

たけい「情熱とは無縁ですけど、赤いし、カウルにウイングも付いてるし、パニガーレV4R確かに格好いい。でもお値段が……」

──欲しいなら編集部のパニガーレV4R、1台持ってく?

たけい「えっ!? 持ってくってモーサイ編集部ってそんなにお金持ちで太っ腹なんですか?」

──お金はわからないけど、炭水化物好きが多いから太っ腹なのは間違いないねぇ。おーい、ドゥカティひと箱持ってきて~。

たけい「ひと箱? あれ? これって『LEGO Technicシリーズ ドゥカティ パニガーレV4R』って書いてありますよ。プラレス3四郎じゃないんだから、これじゃ乗れないですよ~」

──たけいちゃん、古いネタ知ってるねぇ(笑)。まあまあ、これも赤いドゥカティに違いはないからさ、アポロ以来のドゥカティの市販4気筒車の上級モデルだよ。場所も用意してあるんで、がんばって組んでみてよ。ドゥカティオーナーになれるからさ。

たけい「アポロならチョコのほうがいいけどな……。何かうまく使われてません?ワタシ」

部品点数646点、パニガーレV4R レゴを開封する

開封前に記念写真。サーキットのピットレーンにたたずむ、LEGO ドゥカティ パニガーレ V4Rがパッケージデザイン。紙箱のサイズはB4用紙くらい。

部品総数646点。
似た形のパーツがまとまってひとつのビニールに包まれている。マッチ棒の長さ半分くらいといった細かいパーツも多いので、開封前に部屋や机の掃除をして、紛失に備えたほうがよさそうだ。

組み立てマニュアルはフルカラー、119ページからなる立派で判型も大きく見やすいもの。文字の説明は極力省かれ、イラストが主体で、まさにグローバルスタンダードで誰にでもわかりやすい。
なお、組み立てに際して接着剤やニッパーの類はいらない。必要なのはLEGOによると「情熱と想像力、探究心と好奇心だけ」とのことだ。

「迷わなくて、とても助かる」とたけいみさとが絶賛したのは、マニュアルに記されたパーツそのものと同じ大きさ(1:1スケール)で描かれたイラスト。
必要なものが格段に見つけやすくなっている。

フレーム&ギヤボックスまわりから組み立てスタート

……というわけで、マニュアルに従い、記念すべきLEGO組み立て初め。「LEGOってレゴブロックしか知らなかったから、こういうのもあるんですねっ! でもこれ、一体どこになるんでしょう……」(たけい)

黙々とマニュアルに従い部品を組み合わせるの図。「コツコツ作業するの好きなんです。100円ショップで売っている『スクラッチアート』とか好きで、よく削ってますよ」(たけい)

序盤に出てくるギヤの可動部の組み立て(ちなみにギヤは1速、ニュートラル、2速に入れられる構造になっている!)。実車に例えればシフトフォークとドラムあたりか。マニュアルに従えば組み立てはさほど難しくないとのこと……。

この製品の特徴であるギヤボックスの組み立て中。「なんとなくバイクの構造も勉強できていいですね、これ」(たけい)。
と、優等生コメントが素晴らしいが、「そういえば、これってドゥカティのなんていうバイクなんですか?」組み立てながらポツリと言っていたのは内緒の話。

ピストンとクランク。実車は70度の位相の不等間隔爆発だが、LEGOでは180度になっている。まあ、このへんはご愛嬌。

ピストンを組み付け、シリンダーに差し込み、それをギヤボックスに合わせる。機械好きにはシビれる工程だ。気分はボローニャ工場の製造ライン担当者である。

晩ゴハンはサイゼリヤでボロネーゼのパスタを食べて、ドゥカティのように赤いワインを飲みたくなってくる。

ピストン固着(?)によるエンジントラブルに泣く

なんとなく形になってきたV4R。しかしここで問題発生。マニュアルにはQRコードがあり、これをスマートフォンで読み込むと、ギヤボックスの動画が再生されるのだが(ここまでの動作確認の意味)、組み立てた物は動画のとおりには動かない……。
どうやら途中で何かを間違えたみたい。

ガーン!!
やり直しー??
組み立て開始から、すでに4時間ほど経過。もちろん接着剤などを使っていないのでいくらでも前の行程に戻ることは可能だが、パニガーレV4Rのクランク同様、逆回転である。

マニュアルを念入りに確認し、シリンダー部分の組み間違いに気が付き、正しく直すのに約1時間のタイムロス。パチン、パチン……と部品を組み込む音が東京都中央区に鳴り響く。

オーリンズ風のサスペンションが動き、チェーンでリヤタイヤが回り、レーシングスタンドで立つ!

サスペンションが上下し、ホイールが回る、フロントセクションを組み立てる。このあたりは大きな部品が多いので、ギヤボックスに比べれば組み立ては容易だ。

カウル部分にデカールを貼り、車両に取り付ける。粘着力はほどよい強さなので、一度ミスしてもリカバリーできる。
大胆にバンバン貼り進めていくのは、たけいみさとの思い切りのいい性格ゆえ。

リヤタイヤを取り付けたら、「すごく可愛い」(たけい)というスタンドを組み立てる。
いよいよ自立。第1話「ドゥカティ大地に立つ!!」とタイトルをつけたい。

チェーンはひとコマずつのパーツを組み立てる。35個が必要数だが、ひとつ多く入っていた(LEGOあるあるらしい)。

これを取り付ければタイヤとギヤボックスが繋がり、タイヤが回ればエンジン部が動く仕組みが出来上がりだ。全体の完成まであと少し。

シートカウルに極小のデカールを貼り付け、スクリーンを取り付ければ、いよいよ完成。ここまででトータル10時間くらいかかった。ビギナーによる組み立てで、撮影しながらなので、あくまで参考タイム。

前述したチェーン部分以外も実は部品が多く入っていて、最後にはパーツが複数余った。
逆に、実は途中1点足りない箇所もあったのだが、LEGOのホームページから連絡すると一週間ほどでパーツが無償で送られてきた。このへんもLEGOあるある……。

初LEGO完成ー。
サイズは32×16×8cmでなかなかのボリューム。乾燥重量172kgの実車に対して、LEGOは片手で持てる軽さだ。

「せっかくエンジンを一生懸命組んだのにカウルをつけると見えなくなっちゃうのが少し悲しい(笑)」(たけい)ともちろんカウルは着脱式。
完成後もメカニカルな造形を楽しめる。

「正しい組み方をしていけばパチッと気持ちよくパーツがはまる。部品にバリがなくて、組みやすかったですよ。出来あがりがカワイイし、自分で作ると愛着がでちゃいますね」。

LEGOジャパンの調査によると東大生の70%は幼いころにレゴブロックで遊んでいたとのこと。
知育の面でも注目されているLEGOと次々と、ハイパフォーマンスのモデルをリリースするドゥカティのコラボレーションモデル──価格はオープン(*)とのことだが、組み立て中の没頭できる充実した時間と、完成時の満足度は価格以上のものをもたらしてくれる。

実車の460万円が用意できなくても、誰でもすぐにドゥカティオーナーになれちゃうのはいいよね、たけいちゃん?

*大手通販サイトでは9000円前後・編集部調べ。レゴストア、大手玩具店、家電量販店、通販ショップ、一部ドゥカティディーラーなどにて購入可能。

まとめ&写真●飯田康博 モデル●たけいみさと 編集●上野茂岐

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
くるまのニュース
【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
バイクのニュース
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
バイクブロス
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
ベストカーWeb
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
くるまのニュース
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
motorsport.com 日本版
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
WEB CARTOP
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
くるまのニュース
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
motorsport.com 日本版
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
レスポンス
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
motorsport.com 日本版
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
乗りものニュース
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
VAGUE
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
くるまのニュース
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
Auto Messe Web
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
モーサイ

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村