現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱ふそう、キャンターを一部改良 内装を14年ぶりに刷新 先進安全装備を拡充

ここから本文です

三菱ふそう、キャンターを一部改良 内装を14年ぶりに刷新 先進安全装備を拡充

掲載 1
三菱ふそう、キャンターを一部改良 内装を14年ぶりに刷新 先進安全装備を拡充

 三菱ふそうトラック・バスは、小型トラック「キャンター」を一部改良して順次発売すると発表した。内装を14年ぶりに刷新するなど、商品を大幅に見直した。統一感がある配色とし、質感を高めた。また、左折巻き込み防止機能「アクティブ・サイドガード・アシスト1.0」を標準装備とするなど先進安全装備も拡充。5月以降の継続生産車に搭載が義務付けられる後退時車両直後確認装置も採用し、安全性を高めた。

 標準キャブ・木製標準ボディー・全低床仕様の東京地区の価格は652万6300円(消費税込み)。

こんな記事も読まれています

ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
日刊自動車新聞
ホンダ、CB650R/CBR650Rにレバー操作不要な「Eクラッチ」設定 外観も一新
ホンダ、CB650R/CBR650Rにレバー操作不要な「Eクラッチ」設定 外観も一新
日刊自動車新聞
5速MTあり! スズキが新型「軽トラック」初公開! “商用モデル”超えた斬新カラー「デニムブルー」も採用! 軽トラ「新型キャリイ」発表
5速MTあり! スズキが新型「軽トラック」初公開! “商用モデル”超えた斬新カラー「デニムブルー」も採用! 軽トラ「新型キャリイ」発表
くるまのニュース
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
日刊自動車新聞
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
日刊自動車新聞
ホンダ、CB125Rを仕様変更 5インチのフルカラー液晶メーター採用
ホンダ、CB125Rを仕様変更 5インチのフルカラー液晶メーター採用
日刊自動車新聞
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
日刊自動車新聞
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
メルセデス・ベンツ日本、EV「EQA」を一部改良 航続可能距離を591kmに延長
メルセデス・ベンツ日本、EV「EQA」を一部改良 航続可能距離を591kmに延長
日刊自動車新聞
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
ベストカーWeb
ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
レスポンス
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
日刊自動車新聞
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
月刊自家用車WEB
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
日刊自動車新聞
ステランティスジャパン、シトロエン・ベルランゴに特別仕様車「アウトドアパック」
ステランティスジャパン、シトロエン・ベルランゴに特別仕様車「アウトドアパック」
日刊自動車新聞
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
くるまのニュース
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
「ギア感」マシマシ! ホンダ「N-VAN」に“アウトドア仕様”登場 内装も自然派!? 従来モデルも進化
「ギア感」マシマシ! ホンダ「N-VAN」に“アウトドア仕様”登場 内装も自然派!? 従来モデルも進化
乗りものニュース

みんなのコメント

1件
  • motorider
    標準ボディーで652万円〜昨年まで乗っていた95年(平成6年)に新車で買ったキャンターの2t.平ボディー、超低床、直噴ディーゼル3.5Lのデラックスは5速マニュアル(ATも選べた)は270万円 消費税3%でした。翌年に排ガス規制と消費税の増税で総額350万円に。高くなったのは排ガス対策の浄化装置がパワーを食うので排気量アップにより重量増で重量税が上がった。消費税が5%にアップ。その後も原材料の高騰などを理由に毎年値上げ。気がついたら500万円! (役所の指導で)モデルチェンジは8年以内は禁止でコストは掛からないはずなのに。知り合いは所有を諦めリースにするそうです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村