サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義

ここから本文です

絶滅近い、“一部の”兄弟車

 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。中身が同じだけど、違う名前で販売されるクルマのことです。2022年現在、その一部が、絶滅に近づいています。

「8人」は多すぎる? ミニバンの「7人乗り」が増えたワケ 価格が高くなる傾向も

 ここで一部と言ったように、兄弟車には、次のようにいくつかの種類があります。

・他メーカーとの共同開発:トヨタ「86」とスバル「BRZ」など。
・OEM供給;トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」など。
・ブランド違い:トヨタ「ランドクルーザー」とレクサス「LX」など。
・キャラクター違い:トヨタ「ノア」と「ヴォクシー」など。

おすすめのニュース

サイトトップへ