サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【個性強め】もう1つのロールス・ロイス 「ブラック・バッジ」シリーズの魅力 カリナン/レイス/ドーン

ここから本文です

【個性強め】もう1つのロールス・ロイス 「ブラック・バッジ」シリーズの魅力 カリナン/レイス/ドーン

「ブラック・バッジ」とは

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

【画像】これがブラック・バッジ・シリーズ【カリナン/ドーン/レイス】 全57枚

ロールス・ロイスのラインナップには、ダークで一線を画したものを求めるユーザーの“美意識”に訴求する「ブラック・バッジ」シリーズが用意されている。

この「ブラック・バッジ」シリーズは、新世代のスーパーラグジュアリー・コンシューマーの好みを反映した常設のビスポーク・プログラムとして2016年からスタートした。

ロールス・ロイスの顧客の中でもきわめて個性的なユーザーの要望に応える仕様として、威厳に溢れたスーパー・ラグジュアリーな存在に仕立て上げられたもの。そしてロールス・ロイスが提供するもう1つの世界でもある。

現在「ブラック・バッジ」はパーソナル・ユースが主となるカリナン、レイス、ドーン、そしてゴーストに設定されている。

ロールスの正規ディーラーを代表するコーンズ・モータースが「ブラック・バッジ」の魅力を伝える展示会を開催。そこに並んだカリナン、レイス、ドーンを通して、普段目にできない特別な仕様をチェックしてみた。

SUV ブラック・バッジ・カリナン

現行のラインナップで最も注目されているモデルといえばSUVのカリナンだ。

ブラック・バッジとなったカリナンは、大胆かつダークな表現でまとめられ「ザ・キング・オブ・ザ・ナイト」、とも呼ばれる。

ブラック・バッジ・シリーズのボディカラーは、入念にペイントされたソリッドのブラックというイメージが強いだろう。メーカーもこれまでブラックを前面に出していたこともあり、そのような印象になっていた。

しかし、ペイントについては「レディメイド」の4万4000色の中から選択、あるいはそれ以外の好みの色をビスポーク特注することも可能となっている。

今回展示されたカリナンの外装色は「ミッドナイト・サファイア」と名付けられたダークブルー・メタリックで、ブラック以外のカラーを選べることを訴求していた。

ブラック・バッジ最大のポイントとなるスピリット・オブ・エクスタシーは、高光沢のダーク・クロームで鋳造され、今回初めて台座プレートもダーク仕上げとされ存在感を放つ。

垂直なグリル・バーはブラックに見えるが、これまで同様、ポリッシュ仕上げなのだが、周囲のブラックの面を映し出すことで、カリナンのダイナミックなキャラクターを主張。

このほかフロントグリル、サイド、リアに取り付けられる「RR/ダブル・アール」バッジは、配色を反対にして文字をシルバー、地をブラックにしたのはブラック・バッジのお約束だ。

その車内に入ると?

細部のトリムでは、ダーク・クローム仕上げのエア・インレット、トランクリッド・フィニッシャー、ツイン・エグゾースト・パイプが、シルエットに鋭さを加えている。

また、新デザインのブラック・バッジ・カリナン専用品となる22インチ鍛造アロイ・ホイールが足許を引き締め、ロールス・ロイスが今回初めて採用したカラード・ブレーキ・キャリパーが目を惹く。

インテリアではオレンジのアクセントを配したインストゥルメントパネルと、格子模様のパネルが特別感を強調。

ダッシュボードには、赤い指針と「アンフィーニ」のシンボルを彫り込んだブラックのフレームを持つブラック・バッジ専用の時計が、オーナーのプライドを刺激する。

パワーユニットはブラック・バッジにふさわしい走りを提供するため、排気量はそのままに最高出力を29psパワーアップして600psを発揮。

また最大トルクも5.1kg-m増強した91.8kg-mに向上された。

可変エグゾースト・システムを切り替えれば、深みと威厳のある「バッソ・プロフンド」(男声最低音部)を思わせるサウンドを奏で、ブラック・バッジ・カリナンの存在を主張する。

ブラック・バッジ・カリナンの車両本体価格は、特別装備やオプションにより変わるが 4635万円からとなる。

ブラック・バッジ・レイス

今回の展示で、最も注目を集めていたのがレイスだ。

イメージカラーが、漆黒のブラック・バッジにあって、チャレンジングともいえる明るいブルーのエクステリアカラーを備えていたからだ。

ちなみにこのブルーの正式な名は、ガリレオ・ブルーとなる。

エクステリアではスピリット・オブ・エクスタシーは、高光沢のダーク・クロームで鋳造され、今回初めて台座プレートもダーク仕上げとされ存在感を放つ。

このほかフロントグリル、サイド、リアに取り付けられる「ダブルR」バッジは、配色を反対にしている。文字をシルバー、地をブラックにするのはブラック・バッジのお約束で、レイスでも同様に仕上げられる。

インテリアのこだわり

最大のポイントといえるのがブラック・バッジのために開発されたカーボン・ファイバー・コンポジット・リムを備える21インチのホイール。

そのデザインは1960年代のイタリア製スーパーカーから着想を得たという。

インテリアに目を移すとキャビンのセンターピースには、太さがわずか0.014mmのアルミニウム合金製糸の織物とカーボン・ファイバーからなるコンポジット材が用いられている。

この素材はステルス機の機体表面にも使用される航空宇宙技術グレードだ。

ダッシュボードのブラック・バッジ専用クロックは、指針の先端がオレンジ色とされ、インテリアにアクセントを与えている。

もともとパワフルなレイスだけに、ブラック・バッジ化に際してパワートレインの変更は行われていない。

車両本体価格は、4470万円からとなる。

ブラック・バッジ・ドーン

オープン・トップ・ラグジュアリーの極みといえるのが「ブラック・バッジ・ドーン」だ。魅惑的で、妥協を排した表現が官能的な世界を創り上げている。

ブラック・バッジにふさわしい走りを得るために、6.6リッター・ツイン・ターボV12エンジンの最高出力は、ブラック・バッジ化に際し30ps上乗せした593psにパワーアップ。

わずか1500rpmから得られるノーマル比2.04kg-m増しの85.6kg-mもの厚いトルクを発揮。発進から高速時まで、圧倒的な力強さを提供する。

パワーアップに対応してブレーキローターは直径を25.4mm拡大。

トランスミッションのマッピングも変更され、ブレーキングを検知して早目にシフトダウンを行い、より強いエンジン・ブレーキを作用させる。

また、ステアリングは車速に応じて調整を行ない、より安心感のあるハンドリングを楽しめる。

こちらもアルミ合金製糸の織物

外観ではハイグロス・ブラック・クロームのスピリット・オブ・エクスタシーがブラック・バッジの証し。

フロント・グリル・サラウンド、トランクリッド・フィニッシャー、エグゾースト・パイプ、エア・インテークのフィニッシャーもダーク・クローム仕上げとなる。

フロントグリル、サイド、リアに取り付けられる「RR/ダブル・アール」のバッジも配色を反転させ、ここでももう1つのロールス・ロイスであることを主張。

キャビンのセンターピースは、レイスと同様にアルミニウム合金製糸の織物とカーボン・ファイバーからなるコンポジット材が独自な雰囲気を放つ。

ダッシュボードに組み込まれるクロックは、やはり指針の先端がオレンジ色とされ、アンフィニのロゴと共にインテリアにアクセントを与えてくれる。

ブラック・バッジ・ドーンの車両本体価格は、4690万円からとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します