現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPタイトル争いを揺るがしたマルティンの失速、未だ原因分からず。タイヤサプライヤーのミシュランは「製造過程での問題はなし」と報告

ここから本文です

MotoGPタイトル争いを揺るがしたマルティンの失速、未だ原因分からず。タイヤサプライヤーのミシュランは「製造過程での問題はなし」と報告

掲載 9
MotoGPタイトル争いを揺るがしたマルティンの失速、未だ原因分からず。タイヤサプライヤーのミシュランは「製造過程での問題はなし」と報告

 フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)とのタイトル争いの最中にありながら、MotoGPカタールGPで10位に終わったホルへ・マルティン(プラマック)。彼はタイヤに問題があったと批判を展開しているが、タイヤサプライヤーのミシュランがこの件に関する初期調査の結果について報告した。

 マルティンはカタールGPのスプリントで勝利したにもかかわらず、決勝では今季完走したレースの中ではワーストとなる10位に終わった。最終戦バレンシアGPに向けて不利な状況となってしまったマルティンはカタールでのレースを振り返り、リヤタイヤがまるで石のようなフィーリングだったとして、ミシュランにはタイトルを“盗まれた”と痛烈に批判していた。

■バニャイヤ大丈夫? 15番手タイムで予選Q1行き。ビニャーレスがレコード更新でトップタイム|MotoGPバレンシアGPプラクティス

 バレンシアでの木曜日、マルティンはミシュランからの回答がないと話していたが、金曜日にミシュランのモータースポーツ責任者であるピエロ・タラマッソは、初期の分析の結果マルティンのタイヤには製造過程で問題は認められなかったと明かし、問題の特定にはさらなる作業が必要だと述べた。

「カタールでのレース後、誰もがホルへの発言を見聞きしただろうが、我々としても彼の置かれた立場はよく理解している」

 タラマッソはそう語る。

「彼はチャンピオンをかけて戦っていたし、アドレナリンもたくさん出ていた。ただ我々はいつものように、この問題を非常に深刻に受け止めている」

「まず最初にフランスに電話をし、製造工程をチェックし、製造時のすべてのパラメーターに問題がなかったかどうかチェックした」

「その結果出た答えは、イエス(問題はなかった)だ。製造プロセスは全て正常だった。つまり、ホルへのタイヤに品質としての問題はなかったのだ」

「これが第一段階だ。次の段階として、プラマックとドゥカティの協力の下、コース上でのデータを分析した。3日間のデータは膨大で、全てを分析する時間はなかった」

「とにかく、我々はベストを尽くしたし、分析の結果を昨晩ドゥカティとプラマックに共有した。彼らは彼らで分析を行なった」

 現状、彼らの分析の結果として問題を特定することはできていないようだが、ミシュラン、チーム、メーカーの見解として共通しているのはマルティンのパフォーマンスが予想外なものであったことだ。

「我々はさまざまなものを見たが、現時点では明確な答えはない。まだ異なる仮説もある」とタラマッソは言う。

「これからいくつかの作業と分析を行い、さらに何か分かれば、チームや皆さんに報告する。我々はホルヘのデータに集中してきたが、今度はペッコ(バニャイヤ)のデータも見てみたい」

「色々なものがあるが、そのひとつとして我々はリヤのハードコンパウンドを調査している。このタイヤは作動領域が非常に狭く、コンパウンドをどう使うかによってパフォーマンスが上がったり下がったりする。だからそれを検討している」

 タラマッソによると、ミシュランはまだプラマックとドゥカティからマルティンのスタート時のデータを入手していないとしながらも、サイティングラップで彼のタイヤは正しい温度と空気圧だったという。

 また、ルサイル・インターナショナル・サーキットの路面が新しかったこともあってか、いくつかデータ上の矛盾もあるという。そのため、マルティンに起きた問題を完全に理解するためにはもう少し時間が必要なようだ。

 なおミシュランのデータでは、マルティンのバイクのタイヤ内圧がフロント、リヤ共に他のライダーより高くなっていたことが明らかになっている。これについては、マルティンがスタートの失敗を挽回するためにプッシュしたことが原因という可能性もある。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
motorsport.com 日本版
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
Auto Prove
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
Webモーターマガジン
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
バイクブロス
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
くるまのニュース
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
バイクのニュース
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ベストカーWeb
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
モーサイ
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
AUTOSPORT web
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
THE EV TIMES
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
くるまのニュース
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
driver@web
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
乗りものニュース
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
くるまのニュース
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
ベストカーWeb
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
Auto Messe Web
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
進化したホンダN-VANがデビュー!──GQ新着カー
進化したホンダN-VANがデビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN

みんなのコメント

9件
  • msr********
    多少の誇張は有っても、ミシュランのタイヤ供給に何らかの問題が有る事はもう周知の事実でしょう。メーカーとして問題なしとせず、既に抜本的改革が必要な事態だと思いますし、出来ないならサプライヤー返上も考慮すべきだと思います。
  • redhot125
    製造過程は問題ないが品質の悪いタイヤが供給されたのは事実です。
    それすら解明できないメーカーは根本的に信用できない。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村