サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最強はシエンタ ファンベース! アウトドアに便利で車中泊OKの最新コンパクトカー5選

ここから本文です

最強はシエンタ ファンベース! アウトドアに便利で車中泊OKの最新コンパクトカー5選

小さい車体でも積載能力が十分で車中泊もこなす

 アウトドアで活躍するクルマと言えば、中・大型SUVを想像しがちだが、コンパクトカーにもアウトドアライフにぴったりなクルマが存在する。

全長4m未満の国産5ナンバーサイズSUV! トヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキー登場

 荒野の道なき道を行くような場面では、さすがにタフネスを売りにしているクロスカントリーモデルに軍配が上がるものの、日本のアウトドアシーンでは、道も整備され、最低地上高や4WD性能にそこまでこだわらなくてもいい。その分、価格も安く、日常でも使いやすいコンパクトカーが十分選択肢の候補に挙がるのだ。

 では、キャンプなどのアウトドアを想定すると、どんな要件がクルマに求められる要件だろう。それは、やはり「大自然の中で似合うスタイル」、「荷物がたくさん積める(キャンプ道具やBBQ道具などを想定)」、そして「爽やかな環境で仮眠ができるような車中泊性能」の3つだと思う。

 ついでに、車内外で家電品が使えるAC100V/1500Wコンセントを備えていれば完璧。コーヒーメーカーやホットプレートなどが使え、温かい飲み物や料理で、心身ともにおいしく暖まることだってできるのである。

トヨタ・シエンタ FUNBASE

 そんな要件を満たす“最強のコンパクトカー”が、トヨタの「シエンタ FUNBASE(ファンベース)」だ。2019年8月、9月に日本でもっとも売れた、コンパクトミニバンのシエンタから3列目席を取り払った、大容量ラゲッジを持つコンパクトワゴンとも呼べるモデルだ。

 ラインナップには、アウトドアでより映える外装などを装備した特別仕様車の G“GLAMPER(グランパー)”も用意。トヨタが、シエンタ ファンベースをいかにアウトドア向けとしてアピールしているかがよく分かる。

 具体的に、シエンタ ファンベースがどれだけアウトドア向け装備を持っているか解説しよう。

 まず、ラゲッジルーム床面のボードは、ローデッキとハイデッキに切り替えることで、荷室の高さを変更することが可能だ。ラゲッジの開口部の荷室フロア高は、ハイデッキでは610mmだが、ローデッキにすると530mmまで下げることが可能。自転車やアウトドア用品など、重い荷物の出し入れもラクラクできる低さとなるのだ(開口部に段差がないことも重要)。

 フロアは、2列目の後席使用時でも幅1060mm、奥行き935mm、最低天井高930~1100mmと十分なスペース。オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合せることが可能なユーティリティホールも9箇所に用意され、荷物の固定や、純正アクセサリーによるアウトドア仕様へのアレンジも自由自在だ。

 また、ラゲッジスペースの床下に大容量の収納ボックスを設定している点も使いやすく、アウトドアライフでどうしても出てくる、濡れたものや汚れた荷物などの収納に役立つ。

 さらにハイデッキ状態で、後席をチルトダウン格納すれば、約1620mmもの長さになるフラットフロアが出現。ヘッドレストを逆付けすることで、約170cmのベッドスペースになるのだから、仮眠程度の車中泊なら十分に可能だ。

 そのあたりまでなら、このあと紹介するホンダ・フリード+と大きく変わらないのだが、シエンタ ファンベースのHVなら、フリード+HVにないAC100V/1500WコンセントがファンベースHVのGグレードにのみとはいえ、4万4000円でオプション装備できるのがポイント。アクセサリーカタログにある、アウトドアや車中泊用のアイテムの豊富さにも注目である。

ホンダ・フリード+

 次に紹介するのが、マイナーチェンジを行ったばかりの「ホンダ・フリード+(プラス)」。シエンタ ファンベース同様に、なにもかもが“ちょうどいい”3列シートのコンパクトミニバンであるフリードの2列シート版も、大容量コンパクトワゴンであり、「クロスター」というクロスオーバーテイストを強めたモデルも新設定された(最低地上高はノーマルグレード同じ)。

 こちらのラゲッジは荷物の固定などができるユーティリティナットを20個も備え、開口部地上高は335mmとじつに低く、重い荷物の積載もラクラク可能だ。

 また、ラゲッジスペースを上下2段に分けられるユーティリティボードも装備。上段に固定して後席を格納すれば、車中泊も可能な広大なリビング&ベッドスペースが出現する。その状態で、ラゲッジスペース下段に荷物が収納できるから超便利だ。

 フロアは後席使用時でも幅1270mm(上段)、奥行き890mm(上段/下段は1035mm)、天井高はユーティリティボード下段で1360mm、上段で975mmもある。

 フリード+の場合、このユーティリティボードによって、ラゲッジスペースが上下2段で使えるのも魅力。上段に固定して後席を格納すれば、車中泊も可能な広大なリビング&ベッドスペースが出現する。その状態で、ラゲッジスペース下段に荷物が収納できるから超便利。

 ただし、前述の通り、シエンタ ファンベースHV Gに装備される”AC100V/1500Wコンセント”は用意されない(1モーターのHVゆえ)。

 とはいえ、フリード+にはシエンタ ファンベースにはない、アウトドアでの強みがある。それは、FFに加え、全グレードに4WDが用意されていることだ。FFしか設定がないシエンタ ファンベースに比べると、4WD仕様なら、悪路や滑りやすい路面などでの走破性は高いといえるだろう。

スズキ・クロスビー

 好んで出掛けるアウトドアシーンが”悪路の先にある”というならば、4WD性能に優れ、アウトドアでの使い勝手にも富んだクルマが必須となる。そこでオススメしたいのが、スズキの「クロスビー」。

 最低地上高180mm、アプローチアングル19.7度、デパーチャーアングル40.4度と本格クロスカントリーに迫る悪路走破性を備え、4WD車ならスポーツ/スノーモードのほか、滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロール、急な下り坂でも車速を7km/hにコントロールし、安心安全に下れるヒルディセントコントロールを完備する。

 ラゲッジスペースは後席使用時で最大幅1270mm、奥行き最大525mm(後席スライド位置による)と、決して大容量ではないものの(そもそもボディサイズが全長3670mm、全幅1670mmとコンパクト)、後席を倒せば奥行き1000mm、助手席までフラットに倒せば1420mmまで拡大する。

 ラゲッジ床下に深さ180mmの樹脂製ボックスを備えているから、アウトドアでの濡れ物や汚れ物を収納するのに便利このうえなしだ。

ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ

 そして、新型モデルとして登場したばかりの「ダイハツ・ロッキー」と「トヨタ・ライズ」も、アウトドアにぴったりな、FFと4WDが選べる新型クロスオーバーだ。

 最低地上高は185mmで、凸凹道などでの走行ではクラスでもっとも余裕があり、ラゲッジスペースも後席使用時で幅1000mm、奥行き755mm、天井高740~865mm(2段デッキボードの位置による)とたっぷり。容量についても369Lとクラス最大で、床下収納の80Lを加えれば、449Lもの大容量になる。

 ただし、全長3995mmのコンパクトなボディサイズだけに、ラゲッジスペースの最大フロア長は後席を格納しても約1330mm程度。車中泊は難しい。だが、荷物を積む十分なスペースや4WD仕様の場合なら高い悪路走行性能を持つと考えれば、アウトドアを楽しむギアとしては文句なしクルマだといえよう。

 しかも、先進運転支援機能や衝突回避支援システム、スマートフォン接続のオペレーターサービスから車内Wi-Fi機能など最新の装備が満載。アウトドアはもちろん、街中や高速道路での安全性や快適性がとても高いモデルなのだ。

*ラゲッジスペースのフロアなどのサイズは全て実測値

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します