サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 危険な香りが夢中にさせた!? 昭和のターボコンパクトカー3選

ここから本文です

■昭和の時代に隆盛を誇っていたハイパワーコンパクトカーたち

 1979年に日本初のターボエンジンを搭載した日産「セドリック/グロリア」が登場し、1980年代になると各メーカーも次々とターボ車を発売しました。

「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 その後、ターボは手軽にパワーアップできるアイテムとして普及し、1リッターから1.5リッターのコンパクトカーもターボ化が加速。

 そこで、昭和の時代に誕生した印象深いターボコンパクトカーを、3車種ピックアップして紹介します。

おすすめのニュース

サイトトップへ