サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”予選後”のFP2に意味はない? フェルスタッペン「マシンを調整できないのに、走る必要ある?」

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPは、今後に向けたフォーマット見直しの一環としてスプリント予選レースが実施されることになったため、タイムテーブルが大きく変更されている。

 金曜日は60分間のフリー走行を行なった後、従来形式のノックアウト予選が実施された。予選に出走した時点でマシンがパルクフェルメ状態に置かれ、マシンの大幅な変更ができなくなるため、各チームは慌ただしい初日を過ごした。

■予選トップタイムのハミルトン、当日朝の“念入り”シミュレーター作業が助けに

 土曜日は60分間のフリー走行2回目とスプリント予選レースが行なわれるが、依然としてマシンはパルクフェルメ状態であるため、大きな変更はできない。

おすすめのニュース

サイトトップへ