サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スタッフ引き抜きと”グリーン・レッドブル”の出現は「偶然じゃない」レッドブル代表がFIAに警鐘

ここから本文です
 F1第6戦スペインGPで、アストンマーチンが導入したアップデートが話題を呼んでいる。彼らのマシンはレッドブルのRB18に酷似した外観となったが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、チームから人材が引き抜かれたことと無関係ではなく、”偶然”の産物でもないと主張している。

 ”グリーン・レッドブル”とも揶揄されているアストンマーチンのアップデートされたマシンだが、FIAはリバースエンジニアリングや不正な知的財産(IP)の移転について取り締まっている技術規則17.3条をアストンマーチンが遵守しているかどうか、調査を実施済みだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ