サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、F1ドライバーとしてのリスクを語る「時には危険なこともあるが、それが僕の仕事」

ここから本文です
 1000分の1秒を争うモータースポーツの世界にはリスクがつきまとう。ドライバーにはマシンの性能を限界まで引き出すことが求められ、ほんの少しの判断ミスが大クラッシュに繋がってしまう。私たちの想像を絶する危険な世界を、ドライバーたちはどう捉えているのだろうか。F1第14戦イタリアGPを前に行われたプレゼンテーション・イベントに登場した角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、ドライバーにまつわるリスクについて、自らの考えを明かした。

 ミラノで行われたこのイベントは、アルファタウリと同チームの公式HRパートナーを務める人材企業ランスタッドイタリア社による共同開催によるもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン