サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「ボンゴ」生産終了 89年の商用車歴史に幕 今後はOEMで販売継続

ここから本文です

■89年に渡るマツダ商用の歴史は終了 今後は他社からのOEM

 マツダ「ボンゴトラック」の製造が2020年8月31日に終了し、これにより自社生産の商用車も終了しました。

やはり出てきた「ジムニートラック」! スズキが「ジムニーシエラ」ピックアップ仕様を出展!

 1931年に登場した3輪トラックから89年間続いたマツダの商用車ですが、今後はすべて他社からOEM供給されることになります。

 マツダ「ボンゴシリーズ」は、1966年に初代「ボンゴバン」が発売されて以降、2020年5月までに累計で約210万台以上が生産された歴史ある小型商用車です。

 ボンゴシリーズの自社生産終了について、マツダの広報部は次のようにコメントしています。

おすすめのニュース

サイトトップへ