現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス、2024年以降の契約延長の鍵は継続的なマシンへの適応? 「後退する時もあった……シーズン中の進歩が問題」

ここから本文です

ペレス、2024年以降の契約延長の鍵は継続的なマシンへの適応? 「後退する時もあった……シーズン中の進歩が問題」

掲載
ペレス、2024年以降の契約延長の鍵は継続的なマシンへの適応? 「後退する時もあった……シーズン中の進歩が問題」

 レッドブルのセルジオ・ペレスは2023年シーズンをランキング2位で終えたものの、チームメイトで3度目のドライバーズチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンには大きく差を付けられてしまった。シーズン中に交代論も噴出する状況だったが、来シーズンではマシンの進歩に適応していくことが契約を延長する上でも重要になってくると語った。

 ペレスは2023年シーズン序盤戦で2勝を挙げ、第5戦時点ではフェルスタッペンと僅差でタイトル争いを繰り広げていた。しかし6月には調子を崩してしまい、タイトル争いからは脱落。レッドブルが交代人事も考慮しているのではないかと囁かれるようになった。

■F1タイトル争いから急ブレーキ、スランプからの脱却……セルジオ・ペレス、激動の2023年シーズンを語る

 それでもペレスは終盤戦では持ち直してなんとか目標だったランキング2位を確保してシーズンを終えることができた。2024年は契約の節目の年となっているが、ペレスは新しい契約を確保するための鍵はシーズンを通じてレッドブルのマシンのアップデートに適応していくことだと考えていると話した。

「一貫性を保って、プラットフォームを築きたいと思っているんだ」と、ペレスは言う。

「今年の僕に欠けていたのは進歩だった。初めは凄く良くて、マックスと同等のスタートを切っていたんだ。でもシーズンを通じて進化することができなかった。言ってしまえば、後退するときもあった。だから僕の優先順位の高い問題はそこにある。シーズンを通じて進歩できるようにすることだ」

 ペレスはレッドブルに加入して以来、レッドブルのマシン開発に彼のドライビングスタイルを適応させていくことに苦労する、というのが一貫した課題となってきた。

 レースウィーク初日に適切なセットアップの方向性をしばしば見つけることができず、そのせいでマシンのポテンシャルを使い切れていなかったのだ。

 2023年に限れば、この問題はスペインGP以降表面化した。この週末、ペレスは予選Q3進出を逃し、その後のQ2敗退が続くきっかけとなってしまった。ペレスはスペインGP以降でマシンと自分に起きていた事について、次のように説明している。

「マシンが違っているように感じて、これまで以上にドライビング方法について考えなくてはいけなかった」

「今年のちょっとした転換点だったよ」

「最初の5戦はとても強力にスタートを切れていたけど、その後マシンと一緒に進歩できなかった。それこそが今年の僕に欠けていたことだし、来年はしっかりと改善したいと思っている」

「この問題を経て、僕は問題があったときにどの方向へ進むべきか、自分がどうセットアップを行なっていたのかをより深く理解できるようになった。間違いなく、来年の僕を強くしてくれると思う」

 ペレスがスランプからの脱却の鍵を掴んだのは、カタールGP後にみっちり3日間シミュレーター作業を行ない、チームとブレインストーミングを行なったことだった。そしてシーズン終了後の冬の間にも、再び得るものがあるとペレスは語った。

「冬の間にエンジニアの皆と時間を使って検討するつもりなんだ」

「それ以外でも、シーズン中に確実に進歩できるようにすることを重視するつもりだ。これが大事なことだと思っている」

「今年のスタートがどうだったかを振り返ると、もし1年を通じて進歩を維持できれば僕らはもっと強力なシーズンを過ごせていただろうね」

関連タグ

こんな記事も読まれています

いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
Auto Messe Web
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
motorsport.com 日本版
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村