サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハのハンドリング技術が、他メーカー車でも味わえる? “パフォーマンスダンパー”解禁!

ここから本文です
まずはスズキ・V-STROM250、カワサキ・Z900RS、W800用が登場!
車体の振動を抑えることで、乗り心地と操作性を向上させるアイテムとして、2001年から四輪車の少量限定車などに標準装備されはじめ、それ以来多くのモデルに標準装備だったり、オプション設定だったりして、採用されてきたヤマハの「パフォーマンスダンパー」。

バイク用はネーミングを「ヤマハパワービーム」に変更し、2011年TMAX用のオプション装備品として登場したのが最初です。バイクでもコーナリングパフォーマンスと快適性の向上が実現できるとして、満を持しての登場だったわけです。

おすすめのニュース

サイトトップへ