サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 波乱のGT第2戦富士、短縮終了でなければどんな展開になっていた?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

ここから本文です
 スーパーGT、スーパーフォーミュラといった国内レースカテゴリーは4月に開幕すると毎週のようにレースが行なわれ、慌ただしい幕開けとなりました。連戦に次ぐ連戦が少し落ち着いてきた今、ゴールデンウィークに行なわれたスーパーGT第2戦富士450kmレースを振り返ってみます。

 今回のレースは、高星明誠の大クラッシュを抜きにして語ることはできません。彼が無傷で済んだことは、近年の高い安全性を証明するものだと思います。高星は先日発表された第3戦鈴鹿のエントリーリストにも、いつも通り3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zのドライバーとして名を連ねています。

おすすめのニュース

サイトトップへ