現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ

ここから本文です

ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ

掲載 更新
ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ

(C)Mercedes-Benz × Dolby Atmos
Produced By katsuyuki seto
photographer ARISAK

音楽をめぐる環境は、めまぐるしく進化している。過去を振り返ったらキリがないが、DIMEを長く愛読してくださっている世代なら、学生時代にシスコン(システムコンポ)の前で最もステレオ音声を聞きやすい場所に座り、アナログレコードをかけたりFM放送を聴いたりしていたことだろう。

グッドイヤーがサステナブルな素材を90%使用した公道走行可能なデモタイヤを発表

そしてお気に入りの音楽はカセットテープに録音。その際、カセットデッキが音質改善機能「ドルビーB」か「ドルビーC」搭載機器であるかどうかは、重要なポイントだった。アナログオーディオ時代には高音質であることがステイタスであり、“ドルビー”の称号はとてもまぶしく映ったのだ。

洗練された3Dサラウンド空間を体験

メルセデスAMGモデルが展示された空間で、革新的なエンターテインメントイベントが開催された。
(C)Mercedes-Benz × Dolby Atmos
Produced By katsuyuki seto
photographer ARISAK

時は流れ、音楽は聴く場所を選ばないウエアラブルなものとなり、映像とリンクした体験の場も増えている。それを後押ししてきたのが、長らく音響記録再生技術を研究してきたドルビーラボラトリーズ。

最新のサラウンド記録再生方式であるドルビーアトモスはApple Musicで一部コンテンツに対応しており、メルセデス・ベンツの一部の車種で体験できるなど、環境も整いつつある。先日開催された、ドルビーアトモスがもたらす音響体験のダイナミズムを提供するイベントを通じて、その魅力を紹介しよう。

2023年11月2日の夜、メルセデス・ベンツの情報発信拠点であるMercedes me Tokyo(東京都港区六本木7-3-10)で、一夜かぎりの特別なイベント「#Unheard Of Mercedes-Benz ×Dolby Atmos Produced by katsuyuki seto」が開催された。‟世界中のお客様に最⾼の⾳楽体験を提供する”という共通のコミットメントを掲げ協業するメルセデス・ベンツとドルビーラボラトリーズ。

それに共鳴した3Dサウンドデザイナーの瀬戸勝之氏をはじめとするクリエイターが各々の手段を使って刺激的な空間を作り上げた。

世界初の3Dサウンドデザイナー/プロデューサーである瀬戸勝之氏による、ダイナミックで洗練された特殊音響空間が一夜限りで出現。
(C)Mercedes-Benz × Dolby Atmos
Produced By katsuyuki seto
photographer ARISAK

メルセデス・ベンツが展開する高性能モデルのブランド、メルセデスAMGの最新モデルが展示された会場には、各界のクリエイターやメディア関係者、インフルエンサーが集まり、洗練されたクラブの様相を呈していた。

混沌という言葉よりも洗練が似合うのは、ドルビーテクノロジーをベースにした、瀬戸氏による空間演出のたまものといえるだろう。

「会場には個別に再生できる80個のスピーカーを設営し、迫力ある音響を構築、演出しました。そのなかで来場されたお客様が会話できるように、人が会話する声の周波数帯域を削減しつつ、音源を各スピーカーに個別に再生し音楽として違和感なく成立させました。どの場所にいてもしっかりと音が聴こえて、それでいて近くの人と会話ができるように設計しています。ドルビーアトモスの特性を生かした3Dサラウンド空間であり、音だけでなくビジュアルも合わせた複合体験が楽しめるようになっています」(瀬戸氏)

華道家・萩原亮大氏やヒューマン・ビートボックスのKAIRI氏のライブパフォーマンスも行われた。彼らをはじめとするクリエイター陣によって、五感を刺激するエンターテインメントは大いに盛り上がりをみせた。
(C)Mercedes-Benz × Dolby Atmos
Produced By katsuyuki seto
photographer ARISAK

メルセデス・ベンツの電気自動車で聴く“空間オーディオ”

メルセデス・ベンツの電気自動車「EQS SUV」。既存のエンジン搭載車で培ってきた、「静かで滑らかかつパワフルな乗り味」はモーター駆動化で顕著に。ブルメスターのサウンドシステムを搭載し、Apple Musicのユーザーならドルビーアトモスを体験できる。

複数のスピーカーで空間を取り囲んで立体的な音響表現を行うサラウンド音声は、技術の進化によって、音が移動する様を水平方向だけでなく垂直方向にも明確にすることができるようになった。それがオブジェクト・オーディオと呼ばれる最新技術であり、ドルビーアトモスの大きな特徴となっている。

この革新的な技術は、すでに映画の世界でハードとソフト両面を導入することで体験できるようになっているが、さらに体験型のデジタルコンテンツでも積極的に取り入れられている。そして車載オーディオの分野でも。

すでに@DIMEでも報じているとおり、メルセデス・ベンツは2022年10月、 “空間オーディオ”に対応したApple Musicを体験できる車種の導入を発表した。今年、搭載車種であるメルセデス・ベンツの電気自動車「EQS SUV」を試乗した際に試聴したが、静粛性に富み、上質な設えの電気自動車という環境でドルビーアトモスの効果は存分に発揮されていたように感じられた。小音量でも確かな臨場感を得られるだけでなく、中音量ではステージの中にいるような、きわめてクリアでVR的な感覚だった。

移動する車内そのものがエンターテインメントになる

オプションのショーファーパッケージを装着した、「EQS SUV」の室内。エンターテイメントの幅を広げるオプションが揃うメルセデス・ベンツは、サウンド体験の場としても理想的。

またもや古い話になるが、カセットテープで聴いていた時代の車載オーディオはヘッドユニットに音を視覚化したスペクトラムアナライザーが装備され、リアスピーカーにはオーディオブランドのロゴが発光する仕掛けもあった。

当時はちょっとした自己PRみたいなものだったが、今思えば、それは音楽を聴くだけにとどまらないサウンド体験の可能性を示す萌芽だったのかもしれない。音楽は空間を支配するだけでなく、ビジュアルやアーティストのパフォーマンスによって明瞭な“一度かぎりの体験”となり、日常と非日常の架け橋となる。

「#Unheard~」はそれを若い世代にも共感しやすい形で表現したものであり、メルセデス・ベンツもまた、いち早く電動化に舵を切り、持続可能な社会の実現に向けたモビリティの可能性を追求する一環として、移動の道具にとどまらないドライブのエンターテインメント性を示しているのだ。前出の瀬戸氏はこう語っている。

「車内でドルビーアトモスを体験できるというのは、今後の自動運転などの発展を考えると、目的地まで映画館と同じ環境で映像と音響を体験できたりする未来が想像できます。

音楽もイマーシブ音源(編集部注:スピーカーを多数配置したりヘッドフォン再生では特殊な処理を行うことで全方位から音が聴こえる「イマーシブ オーディオ」のこと)の再生にも対応できたり、次世代の音楽体験も手軽に手に入りますね。これは、通常自宅で音響環境を準備するよりコストパフォーマンスが高く、音量を気にせず自分の世界に没入できるという一石二鳥のメリットもあると思います」

トレンドの流れをいちはやく察知し、スマートなライフスタイルを実践する皆さんも、ぜひメルセデス・ベンツの最新モデルでドルビーアトモスを体験してみては? 

問い合わせ先
メルセデス・ベンツ
https://www.mercedes-benz.co.jp/
TEL:0120-190-610

文/櫻井香
出版社で男性誌の編集を務めたのち独立。自動車、ファッション、男性美容などライフスタイル全般からサブカルチャーまで幅広く企画・編集・執筆。

こんな記事も読まれています

ブっといトルクは魅力じゃない? アルファード/ヴェルファイアにはなんでディーゼルがないのよ?
ブっといトルクは魅力じゃない? アルファード/ヴェルファイアにはなんでディーゼルがないのよ?
ベストカーWeb
ダ・コスタ、ポルシェのシート喪失危機ささやかれる中での優勝「適切なタイミングの勝利だった」
ダ・コスタ、ポルシェのシート喪失危機ささやかれる中での優勝「適切なタイミングの勝利だった」
motorsport.com 日本版
Moto3アメリカズGP予選|ダビド・アロンソがポールポジション獲得。日本勢は10番手の古里が最上位
Moto3アメリカズGP予選|ダビド・アロンソがポールポジション獲得。日本勢は10番手の古里が最上位
motorsport.com 日本版
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
ベストカーWeb
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
motorsport.com 日本版
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
AUTOSPORT web
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
Auto Messe Web
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
ベストカーWeb
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
AUTOSPORT web
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
AUTOSPORT web
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
Auto Messe Web
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
AUTOSPORT web
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
AUTOSPORT web
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村