サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スーパーカー年代記 044】512TRは進化するミッドエンジン フェラーリの最高峰だった

ここから本文です
クルマ好きなら一度は憧れたことがあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第44回は「フェラーリ 512TR」だ。

フェラーリ 512TR(1991-1994年)
1984年にデビューして、その斬新なスタイリングと12気筒パワーでフェラーリのフラッグシップ スポーツカーとしての地位を確立したテスタロッサ。その後継モデルとして登場したのが、今回紹介する「512TR」だ。その車名は、512はフェラーリの流儀で5Lの12気筒エンジンを搭載していることを表し、TRはテスタロッサの略であった。

おすすめのニュース

サイトトップへ