現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルのフェルスタッペン、新車で限界に挑んだ設計部門を賞賛。メルセデス似の見た目は「機能しさえすればどうでもいい」

ここから本文です

レッドブルのフェルスタッペン、新車で限界に挑んだ設計部門を賞賛。メルセデス似の見た目は「機能しさえすればどうでもいい」

掲載
レッドブルのフェルスタッペン、新車で限界に挑んだ設計部門を賞賛。メルセデス似の見た目は「機能しさえすればどうでもいい」

 レッドブルは2024年シーズンに向けて、従来マシンとは大きく異なるニューマシンRB20を投入する。エイドリアン・ニューウェイ率いる設計チームの決断について、所属ドライバーのマックス・フェルスタッペンは「チームが限界に挑んだ」と語った。

 ライバルチームの多くが昨年のレッドブルRB19に影響を受けたマシンを新シーズンに向けて用意する中、チャンピオンチームであるレッドブルは別の方向性を追求することを選んだ。バーレーンテストでは、この選択がチームに新たなアドバンテージを与えたということがラップタイムでも示された。

■攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」

 フェルスタッペンは昨年末にチームからRB20に関する計画を伝えられたと明かしたが、そのコンセプトについて「あまり疑問に思わない」として、チームの設計部門を信頼していると語った。

 これほど成功を収めたRB19のコンセプトを変更することが正しい戦略だと思うか? とmotorsport.comがフェルスタッペンに尋ねると、彼は次のように答えた。

「正直なところ、当時はあまり気にしていなかった。図面を見て『これは良さそうだ』とは思ったけど、正直に言うと、それから訪れる休暇の方を考えていたんだ!」

「結果、マシンがどう見えるかなんてどうでもいい。ただ、保守的ではなかったこと、そしてコンセプトを変えることでまた限界に挑戦したこのチームを気に入っている」

 RB20は、メルセデスが2022年のW13、2023年初期のW14に採用した“ゼロポッド”を彷彿とさせる空力デザインを持っている。苦戦したメルセデスは最終的にこのデザインを捨てる選択に至ったが、レッドブルは同じ道を辿ることはないとフェルスタッペンは語る。

「僕は技術部門の人たちがやっていることを全面的に信頼している」とフェルスタッペンは言う。

「彼らはオフシーズン中に風洞でテストした他の全てのモノよりも(新コンセプトが)優れていると確信している」

「それが機能しさえすれば、マシンの見た目なんて気にならないよ」

 なお他チームがRB19のデザインを踏襲したことについてフェルスタッペンは次のように語った。

「そうだね。でもそれは予想できたことだ。去年のような年になれば、多くのチームが僕らのコンセプトに近づくのは理解できる」

「僕らの技術部門は、この方向性を開発することで、僕らが持っていたモノよりも多くの可能性を見出している」

 またレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、チームの設計部門がこのコンセプトで「大胆な一歩」を踏み出したと認めつつも、レース週末での相対的なパフォーマンスについては慎重な姿勢を崩していない。

「我々はまずまずなマシン、良いベースを持っていると言ってもいいと思う」とホーナー代表は言う。

「ドライバーたちからのフィードバックも励みになったし、チームがこのマシンで大胆な一歩を踏み出したことが分かる。チーム全体が素晴らしい仕事をしていると思う」

「それについて疑問を投げかけるのは私の役目じゃない。クリエイティビティを奨励し、進化を促すことだ。レギュレーション上、風洞に入れる時間が少なかったことを考えれば、チームが発揮したクリエイティビティは素晴らしいモノだったと思う」

「特にマシン冷却に関しては、非常に革新的なソリューションを打ち出している」

関連タグ

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村