現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小さなボディに大きなエンジン アストン マーティンV12ヴァンテージ 全身の感覚が覚醒する 前編

ここから本文です

小さなボディに大きなエンジン アストン マーティンV12ヴァンテージ 全身の感覚が覚醒する 前編

掲載 1
小さなボディに大きなエンジン アストン マーティンV12ヴァンテージ 全身の感覚が覚醒する 前編

全身の感覚を目覚めさせる存在

視覚は凸型の好戦的なフロントグリルと、何本ものスリットが切られたカーボンファイバー製ボンネットに奪われる。聴覚は、周囲に充満するV型12気筒エンジンの唸りに圧倒される。

【画像】小さなボディに大きなエンジン アストン マーティンV12ヴァンテージ 現行モデルも 全124枚

2009年に発売されたV12ヴァンテージは、今でも全身の感覚を目覚めさせる存在だ。アストン マーティンの再興、ルネッサンスを一歩前進させた傑作でもある。

堅牢なアルミニウム製プラットフォームへ積まれたエンジンの最高出力は、自然吸気でありながら500psを凌駕。油圧アシストのパワーステアリングと、マニュアルのトランスミッションが組み合わされ、アスファルト上で鮮烈な運転体験を呼び起こした。

21世紀初頭の10年間には、最高のドライバーズカーといえる上級モデルが何台か登場している。997型のポルシェ911やフェラーリ458 イタリア、ロータス・エヴォーラなどが数えられるが、V12ヴァンテージも間違いなくその1台に当てはまる。

DB7の成功を受け継ぐように登場した2004年のDB9と、V12よりひと足先にV8エンジンを載せて2005年に登場したV8ヴァンテージは、ブランドの重要な新世代といえた。1991年以降はフォード傘下にあり、量産体制も整えられていた。

1999年までにジャガーとランドローバー、ボルボも買収していたフォードは、上位ブランドによるプレミア・オートモーティブ・グループ(PAG)を編成。マーキュリーやリンカーンといった従来ブランドともに、ビジネス拡大を狙っていた。

DB9のV12エンジンをヴァンテージに

事業推進のため、ドイツの自動車業界で活躍する有力者も招聘した。BMWで活躍していた、ヴォルフガング・ライツレ氏もその1人。2000年からアストン マーティンを率いたのは、BMWだけでなくポルシェでも能力を発揮したウルリッヒ・ベズ氏だ。

フォードが期待した幅広いモデル展開に応えるため、ベズは新しいアルミニウム製シャシーの開発に着手。多様性に長けた、軽量・高性能なVHプラットフォームを創出する。

グレートブリテン島の中南部、ニューポート・パグネルの工場で2001年から生産されていた初代V12ヴァンキッシュは2007年に終了。その西、ゲイドンに竣工した新しい工場で、交代するようにV8ヴァンテージの生産がスタートした。

だが、ブランドに流れる血は変わっていなかった。DB9の5.9L V型12気筒エンジンを、ひと回り小さいヴァンテージへ押し込もうというアイデアが実を結ぶまで、長い時間は必要なかったようだ。

V8ヴァンテージは、VHプラットフォームをDB9と共有しており、実現は不可能ではなかった。それでも、フロントまわりの構造には大幅に手を加える必要があった。

V12エンジンは、そのまま収まるサイズでもなかった。オイルサンプが15mm削られ、オイルフィルターは右側へ移動されている。

全体的な容姿の違いは限定的

ユニット自体はDB7にも採用されていたもので、ジャガー由来のV8エンジンより約70kg重い。その結果、前後の重量配分は51:49と、V8ヴァンテージと比べると2%フロント側が増えた。

一方で鍛造アルミホイールやカーボンセラミック・ブレーキディスクを採用するなど、軽量化にも抜かりはなかった。最高出力517psに対し、最終的な車重はDB9より30kg軽い1680kgへ収めている。

ダイエットの成果としては限定的なものの、ホイールベースは約140mm短く、全長は約330mm短い。より躍動的な能力が与えられていた。

サスペンションのスプリングはフロントが80%、リアが45%も引き締められ、アーム類などは新設計。V8ヴァンテージ N24と呼ばれるレーシングカーから派生したエアロキットを採用し、空力特性も磨かれた。

テールゲート上のリアウイングは大型化され、240km/hでの走行時に発生するダウンフォースを2倍以上に増加。カーボンファイバー製ボンネットには冷却用のエアアウトレットが4か所に設けられた。

とはいえ、全体的な容姿の違いはさほど大きくない。最高速度305km/hの超高性能なFRクーペだが、知らなければベースのV8ヴァンテージと混同する可能性もあるだろう。

さらにアグレッシブさを増した「S」

このV12ヴァンテージを一層アグレッシブに仕上げたのが「S」。V12エンジンの排気量は5935ccと変わらないが、最高出力を55ps、最大トルクを5.1kg-m増強。7速セミ・オートマティックが組み合わされ、専用のアルミホイールを履いた。

ステアリングレシオはクイックになり、ダンパーはビルシュタイン社のアダプティブ・タイプを採用。特別な配色のフロントグリルとブレーキキャリパー、ドアミラー・カバーがオプションで設定され、従来のV12ヴァンテージとの差別化も可能だった。

今回ご登場願ったブラックのクルマの場合は、鮮烈なイエローに塗り分けられている。通常のV8ヴァンテージの英国価格は8万5000ポンドだったが、V12のSでは13万8000ポンドへ跳ね上がった。最高速度も329km/hへ上昇した。

V12ヴァンテージのインテリアは、最上級の居心地を叶えていた。シルバーのドアを開けば、スムーズでモダンなデザインを包み込む、高品質なレザーの香りが嗅覚を刺激する。

じっくり観察すると、フォード由来のスイッチ類なども嗅ぎ取れるが、雰囲気を乱すほどではない。職人が丁寧に仕立てたレザー張りのダッシュボードと、工芸品のように美しいメーター、形状が煮詰められたバケットシートで車内は支配されている。

伝統的で上品なアストン マーティンではない

ダッシュボード中央の所定位置にキーフォブを差し込みエンジンをスタートさせると、上質なインテリアと相反する音響に包まれる。エグゾーストから、金属的なザラついた轟音が放たれる。

全長4380mmのボディに巨大な多気筒エンジンが搭載されていることは、技術的なことを知らなくても直感でわかるはず。アイドリング時からタダゴトではない。

グレートブリテン島中南部の閑静なウォリックシャー州の一般道を走らせると、V12ヴァンテージは格段にうるさく感じられる。回転数を高めず素早く変速しても、農家の石壁にノイズが反響しまくる。

低めの速度域で優しくブレーキペダルを踏んでも、カーボンセラミック製のブレーキディスクは悲鳴のような甲高い音を立てる。伝統的な、上品なアストン マーティンとはいえないかもしれない。

それでも、魅惑的なスタイリングは視覚的な喜びをもたらす。愛すべき英国車として、この土地でなら快く迎え入れてくれる人も多いはず。

農村の路地を抜け原野が広がり始めたら、心地良いアルミ製シフトレバーを2速に落とす。アクセルペダルは適度に重く、V12エンジンの獰猛なパワーを正確に調整できる。

気温が低めでも、ピレリPゼロ・コルサは見事にグリップする。アスファルトを確かに掴みながら、猛烈に加速していく。そのバランスには唸らされる。

この続きは後編にて。

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

1件
  • 短くしたぶんアホみたいに幅があるのだから別に小さくはない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1269.01780.2万円

中古車を検索
V12ヴァンテージの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1269.01780.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村