サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「東京~下呂」が2時間! 岐阜で進む「濃飛横断道」計画、本領発揮のカギはリニアにあり?

ここから本文です

■郡上・下呂・中津川を結ぶ濃飛横断道

 リニア中央新幹線の建設とあわせて、岐阜県内では「濃飛横断道」の建設も進んでいます。どちらも完成すると、東京から県内の下呂温泉まで1時間50分でアクセスできるといいますが、どのような計画なのでしょうか。

【画像】東海北陸道と中央道に接続「濃飛横断道」のルートを見てみる(7枚)

 濃飛横断道は、東海北陸道の郡上八幡ICを起点とし、下呂市を経由して中央道の中津川西ICに至る計画の、延長約80kmの地域高規格道路です。

 ルートは国道256号と国道257号に概ね沿う形で計画されており、終点の中津川西ICは、中央道の中津川IC~恵那峡SA間に開設されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ