サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 彼女が乗ってきたクルマにひと目惚れだった

ここから本文です

1950年代に出会ったクルマたち


岡崎宏司の「クルマ備忘録」連載 第179回

価格は31億円!? 「ロールス・ロイス」が製造した究極のフルオーダーモデルとは?


クルマは小さい頃から好きだった。誕生日のプレゼントはクルマのオモチャをネダッた。

小学校に入った頃(1946年)からは、家に近い国道へクルマを見に行くようになった。たまにアメリカ車が来ると胸が踊った。

「1940年代のアメリカ車」で検索すると、クーペ、ハードトップ、コンバーチブル、ステーションワゴン、、等々、多彩なボディバリエーションはあるし、カラフルな装いを纏っているものも少なくない。カッコいい!。

おすすめのニュース

サイトトップへ