サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 近未来なセンターメーターは減っている? 視認性向上目指した車のメーター事情とは

ここから本文です

 クルマのメーター位置には大きく2種類あります。主流なのは、ハンドルの奥に配置されるタイプで、軽自動車からスーパーカーなど多種多用なクルマに採用されています。

 一方で、ダッシュボードの中央部に配置され、トヨタ「プリウス」などにも採用されているセンターメーターのタイプが存在します。一時期、センターメーター車が多く存在しましたが、なぜ最近は減っているのでしょうか。

ドアバイザーなぜつける? 輸入車は非装着率高く「かっこ悪い」

一時期見かける機会の多かったセンターメーター(日産・エスカルゴ) クルマのメーターとは、速度計やエンジン回転計、燃料計をまとめて配置してある部品です。

おすすめのニュース

サイトトップへ