サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3人3様のスーパーカー異色連載――第1回:マクラーレン720S  Spiderの巻

ここから本文です

3人3様のスーパーカー異色連載――第1回:マクラーレン720S  Spiderの巻

スーパーカーを肴に3人のヴェテラン・ジャーナリストが3様に答えるのは、「もしいま、20代で、しかも成功しているとしたら、20代のあなたはスーパーカーに乗りたいか?」という質問。連載第1回では、イギリスのサラブレッド・ブランド、マクラーレンの、ミドル級スーパーカーたる「720Sスパイダー」を取り上げる。回答するのは、西川淳、渡辺慎太郎、渡辺敏史の3氏。クルマの酸いも甘いも知る3人の、3様の答を楽しんでください。

Beadyeyeスーパーカー一筋!の西川淳の場合:「まずは付き合ってみたい」

かつての3シリーズがよみがえった! BMW 2シリーズ・グランクーペ試乗記

ボクらの時代は「スーパーカー」が夢であり憧れだった。だから成功してもしなくても、とにかく“それ”が欲しくて仕方なかった。実際、ボクは29歳で憧れのクルマを必死で手に入れている。クルマ好きという性分が変わらないとして、もしも今若かったならば、もちろんスーパーカーを買う。そしてある程度成功しているとしたならば、新車を狙う。若い感性で自分好みにオーダーする。それをこれから積み重ねていく楽しみ。ビスポークするクルマのイメージの変遷で自分自身の変化を知るという、未来のある時点における喜びを蓄えていける。 “若い”ことの特権だ。ただ、スーパーカーを買うという行為そのものについて言えば、昔とはちょっと違う意味を持っていると思う。以前なら「乗っている自分を人に見られて最高」という気分が少なからずあった。ステータス性というやつだ。今の時代、それがないとまでは言わないけれど、以前よりは薄まっているんじゃないか。人の目はもうあまり関係なくて、「乗っている自分自身が最高」な気分になれるから買う、のだろう。要するにドライビング・オリエンテッド。時代がどんどん機械任せになってきたからこそ、操ることがとにかく楽しいクルマが欲しいのだ。さしずめマクラーレン720Sはその筆頭。スーパーシリーズとは文字どおりスーパーなスポーツカーで、とにかくドライバーへのフィット感はカテゴリー随一を誇っている。720Sに乗ったあと、他ブランドに乗り換えてみれば、何だかぶかぶかのスニーカーを履かされた気分になってしまうほどだ。エアロダイナミクス至上のスタイリングも新しい。ドライブしていると、そして速度を上げていけばいくほどに、空気が身体を抜けていくような錯覚に見舞われる。そんなスーパーカーは他にない。そして何より、ロードカーの世界では若いブランドだということもかえって嬉しい。長く付き合うほどに関わりが深くなっていくという楽しみ。未来のVIPカスタマー(他のブランドには既に沢山おられる)を目指すという点でも、もし今自分が若かったなら、マクラーレンとまずは付き合ってみると思う。

911を所有しなかった若き日を悔いる渡辺慎太郎の場合:「選ばない」

20代で成功して有頂天になった自分は、たぶんマクラーレン720S Spiderは選ばないと思うし、そもそもマクラーレンはショッピングリストに入らない(というか入れない)。なぜなら、これはあくまでも個人的な意見なのだけれど、マクラーレンというブランドは自分にとって“サンクチュアリ(聖域)”だと考えているからだ。

マクラーレンはまだ若い自動車メーカーである。いっぽうで、そのクルマ作りはスポーツカーの理想を徹底的に突き詰めたもので、実際に運転してみると惚れ惚れするような操縦性と圧倒的な動力性能、そしてスポーツカーらしからぬ快適な乗り心地までをも兼ね備えている。要するに、ほとんど非の打ち所がないのである。

しかし若い自動車メーカーだからこそ、その認知度やブランド力は、広く一般にまで浸透しているとは言えない。マクラーレンを買った友人が、「フェラーリですか?」としょっちゅう聞かれてウンザリするとこぼしていた。彼はこれまでポルシェもフェラーリもランボルギーニも所有し、自分にとって最後のスポーツカーとしてマクラーレンを購入したという。マクラーレンをサンクチュアリだと書いたのは、つまりこういうことだ。スポーツカーの酸いも甘いもかみ分けて、ブランド力に頼らない大人が最後に選ぶクルマ。

だから20代の浮かれた自分は、誰もがポルシェと分かってくれる911あたりに喜んで乗るかもしれない。「もっと若い時に911に乗っておけばよかった」と、これまでポルシェを所有しないまま54歳になってしまったおっさんは、そんなことを最近よく考えるようになったからだ。

Beadyeye自動車語りの達人、渡辺敏史の場合:「機微は無理でも饒舌はわかるかも」

見る者を不穏な気持ちにさせる形状、あらぬ方向に開く扉、そこに屋根開閉の大仰なアクションまでくっついてくるのだから、マクラーレン720SSpiderは一般人からしてみれば数え役満級のスーパーカーだろう。
 でもそのわかりやすいアピアランスとは裏腹に、中身は滋味に溢れている。その最たるところは彼ら独自のプロアクティブシャシーコントロールIIだ。油圧を緻密に制御して車体姿勢をあらゆる入力域で最適化するその足周りは、さながらシトロエンの作ったスーパーカーのように応答が艶(なま)めかしい。
 ブランドの知名度ではイタリア勢には敵わないだろう、その不利を補える表現力は外観的なところにのみ宿っているわけではない。720S Spiderをもし検討しようというのなら、そこのところをぜひ嗅ぎ取って欲しいと思うわけだが、たとえば自分が20代の時にその機微が読み取れたかといえばどだい無理だっただろう。言うは易しではないが、もし20代で幸運にもこのクルマに触れる機会があれば、操作に対するクルマの応答の饒舌ぶりが他の何とも違うところに感覚を集中してみてもらいたい。個人的にはマクラーレンのストリートモデルの最大の売りはここにあると思っている。

Beadyeye【SPECIFICATIONS】

マクラーレン 720S スパイダー

ボディサイズ:全長4544 全幅2161 全高1194mm

ホイールベース:2670mm

トレッド:前1674 後1629mm

乾燥重量:1322kg

車両重量:1419kg

 

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:3994cc

最高出力:530kW(720ps)/7250rpm

最大トルク:770Nm/5500rpm

トランスミッション:7速DCT

駆動方式:RWD

 

最高速度:341km/h
0-100km/h加速:2.9秒
0-200km/h加速:7.8秒

0-400m加速:10.3秒

 

車両本体価格:3930万円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します