サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1994年のF1日本人ドライバー。片山右京、野田英樹の記憶【連載第14回:熱田護のF1勝手に片思い】

ここから本文です

1994年、日本人のフル参戦ドライバーは片山右京選手のみとなりました。
日本グランプリ、鈴鹿のピットレーンで行われたチームフォト撮影の場面。
中央の背の高い人が、ティレル創始者のケン・ティレルさん。右手にハーベイ・ポスルスウエイトさん。
その右後ろがヤマハの方々。

白いマシンはティレル022。
このマシンが速かったんです!
結局ティレルで表彰台を飾った最後のマシンになりました。

新型レヴォーグは欧州勢にもまったく引けを取らない痛快ワゴンへ!アイサイトX搭載でハンズオフ走行もOK

そのドライバーは右京さんではなく、チームメイトのマーク・ブランデル選手がスペインGPで3位入賞。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン