現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT2023年シーズンの年間王者は36号車「auトムスGRスープラ」に輝く! 3号車「ニテラモチュールZ」は雨に嫌われました

ここから本文です

スーパーGT2023年シーズンの年間王者は36号車「auトムスGRスープラ」に輝く! 3号車「ニテラモチュールZ」は雨に嫌われました

掲載
スーパーGT2023年シーズンの年間王者は36号車「auトムスGRスープラ」に輝く! 3号車「ニテラモチュールZ」は雨に嫌われました

シリーズチャンピオン争いは最終戦までもつれ込む!

世界最高の“ハコ車”レースとして世界中から注目を集めるSUPER GT。シリーズの上位クラスとして、トヨタと日産、ホンダの3メーカーが鎬を削るのがGT500クラスだ。開幕から7戦を終え、日産が3勝を挙げトヨタとホンダが2勝ずつ。そして3メーカーの1台ずつがチャンピオン候補として最終戦を迎えるという、まさに三つ巴のバトルが繰り広げられてきた。

IMSA仕様日産「フェアレディZ」を忠実再現! ドリフト仕様の愛車をDIY塗装とワンオフステッカーで見事にカスタム

3号車Zが予選トップで王者争いに食らいつく

チャンピオン候補の3台はランキング上位から36号車 au TOM’S GR Supra(坪井 翔/宮田莉朋)、3号車 Niterra MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)、16号車 ARTA MUGEN NSX-GT(福住仁嶺/大津弘樹)。最終戦を迎えた時点での獲得ポイントはそれぞれ69点、62点、53点だったが、土曜日の公式予選で3号車 Niterra MOTUL Zがポールポジションを獲得して予選ポイントの1点を加算。トップとは6点差まで詰め寄っていた。

その36号車 au TOM’S GR Supraは予選で3番手につけていて、優勝すればライバルの順位に関係なくタイトルを手に入れることができるのだが、この予選順位のままチェッカーとなれば3号車 Niterra MOTUL Zに逆転チャンピオンが転がり込んでくる、という位置関係である。ランキング3位の16号車 ARTA MUGEN NSX-GTにとってタイトル獲得の条件は自身の優勝が必須で、なおかつライバル陣が下位に低迷することも必要条件となっていた。タイヤの合わせ込みが上手くいかずに予選ではQ1敗退してしまい9番手スタート。逆転チャンピオンには黄色信号が灯ってしまっていた。

スタートからトップに立ちレースを支配した3号車 Niterra MOTUL Z

決勝前に行われたウォームアップ走行でも3号車 Niterra MOTUL Zが速く、前日の公式練習から公式予選のQ1、Q2に続いてトップタイムをマーク。同じミシュランを装着する23号車 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)も予選5番手と上位につけており、これがラストレースとなるミシュランタイヤにとっては有終の美を飾ることが期待されていた。

そして午後1時にはパレードラップが始まり、続いてフォーメーションラップ、そして63周の決勝レースがスタートする。この時点での気温と路面温度は23℃と28℃。各チームが想定した温度レンジとなっていたのか気になるところだが、この時点で路面は完全ドライコンディションだった。

ポールスタートの3号車 Niterra MOTUL Zが順調なダッシュを見せてトップをキープ。2番手スタートの17号車 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)、3番手スタートの36号車 au TOM’S GR Supraもこれに続き、トップ3は順当なスタートシーンを展開。その後方では23号車 MOTUL AUTECH Zが24号車 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)をパスして4番手に進出していた。

スタート時点ではドライコンディションだったものの、雲が低くたれ込めていて降雨が心配されていたが、レースが5周目を迎えたあたりから雨粒が落ち始めた。そして10周目を迎えるころにはホームストレートを中心に雨脚が強まって路面コンディションがハーフウェットとなっていった。

セクター毎にコンディションが変わるタフなレース展開となり、後方集団の中にはペースダウンを余儀なくされたり、アクシデントに遭遇するマシンも出てくるありさまだったが、トップ3はそのポジションをキープ。といってもトップを行く3号車 Niterra MOTUL Zは2位以下を引き離して快走を続け、その5秒以上も後方では17号車 Astemo NSX-GTと36号車 au TOM’S GR Supraが接近戦を続けるという展開が続いていた。

その2位争いのバトルに変化が訪れたのは23周目。それまで20周近くテールtoノーズのバトルを続けていた2台だったが、3コーナーで17号車 Astemo NSX-GTをアウトから仕掛けていった36号車 au TOM’S GR Supraがサイドbyサイドに持ち込み、4コーナーから5コーナー、130RからS字と並走状態で駆け抜けた末にV字コーナーで完全にポジション逆転。36号車 au TOM’S GR Supraはこれで自力タイトルの権利を得る2位へと進出した。

最後の最後までプッシュし続けた36号車 au TOM’S GR Supraが逆転優勝

トップを快走する3号車 Niterra MOTUL Zにとっては逆転タイトルを狙うにはこのレースで優勝することが必須。一方2位に立った36号車 au TOM’S GR Supraにとっては、このままのポジションでチェッカーを受ければ逃げ切りでタイトルが決定する。しかし2台はそんな計算を度外視したように、このレースに勝つためだけに先を急ぐ。

さらにその後方でもこれがラストレースとなるミシュランを装着した23号車 MOTUL AUTECH Zも、やはりこれがラストレースとなるHonda NSX GTの17号車 Astemo NSX-GTと3位争いのバトルを繰り広げていた。一方、結果的には後方集団に埋もれてしまったが38号車 ZENT GR Supra(立川祐路/石浦宏明)の立川も、これがGT500ラストレースとあり一つでも前のポジションを奪うべく奮闘していた。

レースも折り返しを過ぎると再び雨脚が強まってきた。ほぼドライコンディションにまで回復していたコースは再びハーフウェットに変わっていく。さらに雨脚が強くなることも予想されたが、それでも各車がルーティンピットを終えるまでには完全なウェットには至らず。結果的に全車がスリックタイヤで後半のスティントに臨むことになった。

この時点でのオーダーは、トップは相変わらず万全の走りを見せる3号車 Niterra MOTUL Z。約7秒遅れで36号車 au TOM’S GR Supraが続き、ピットインのタイミングで一つポジションアップした23号車 MOTUL AUTECH Zが表彰台圏内に進出。これを僅差で17号車 Astemo NSX-GTが追う展開となっていた。

アクシデントでストップしたマシンを修復するためにFCY(フルコースイエロー)が提示されるが全車が一列渋滞となるセーフティカー(SC)ランと違って各車の間隔はそのままで1周走った後にFCYは解除され、再びレース状態となった。

このままレースも終わろうかという大詰めに来て大波乱! トップを快走していた3号車 Niterra MOTUL Zが59周目のS字で強くなった雨脚に姿勢を乱されてコースオフ。グラベルにスタックしてしまい、オフィシャルによってコースに戻され再スタートを切ったものの、約2分半ものタイムロスで一気にポイント圏外にまで後退。これでこの日のレースも、タイトルの行方も決してしまった。

36号車 au TOM’S GR Supraに続いて23号車 MOTUL AUTECH Z、17号車 Astemo NSX-GTが順にチェッカーを受け、表彰台にはトヨタと日産、そしてホンダの3メーカーが顔をそろえる大団円となった。これにより、2023年シーズンのドライバーズチャンピオンは36号車 au TOM’S GR Supraの坪井 翔・宮田莉朋組が獲得した。

こんな記事も読まれています

ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ベストカーWeb
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
motorsport.com 日本版
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
THE EV TIMES
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
レスポンス
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
motorsport.com 日本版
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1740.03258.0万円

中古車を検索
GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1740.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村