サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 水素エンジン搭載カローラ、「スーパー耐久シリーズ2021 鈴鹿大会」参戦を通じて水素を「はこぶ」に挑戦

ここから本文です
 トヨタは、カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向け開発中の「水素エンジン」を搭載した車両を、9月18日・19日に行われた「スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第5戦 SUZUKA S耐」(5時間レース)にて、「ORC ROOKIE Racing」車両として参戦した。第3戦・4戦に引き続き、トヨタの代表取締役社長である豊田章男が、ドライバー「モリゾウ」としてレースに挑んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ