サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「こだわりのエンジン車」300psの1.8リッターターボを搭載したFF最速モデル、ルノー・メガーヌR.S.の凄い実力

ここから本文です

R.S.は2グレード構成。エンジン共通、違いは足回り

 ルノー・メガーヌR.S.(ルノースポール)は、世界トップの走行性能を誇るFFモデル。すべてが走りのためにファインチューニングされている。
 マイナーチェンジを受けた最新モデルのラインアップは、R.S.とR.S.トロフィーの2タイプ。前者の足回りは公道でのスポーツ走行をメインに考えたシャシースポール、後者はサーキット走行を前提としたシャシーカップを採用する。

ルノー・トゥインゴが仕様変更を実施してフレンチコンパクトとしての魅力度をアップ

 エンジンは1.8リッター直列4気筒ターボ。トランスミッションは6速DCTを基本に、R.S.トロフィーは6速MTも選べる。

おすすめのニュース

サイトトップへ