サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【EICMA 2019速報!】rizomaブースで見かけた新型KATANAカスタムに注目!

ここから本文です

【EICMA 2019速報!】rizomaブースで見かけた新型KATANAカスタムに注目!

ハイクオリティなパーツはさすがrizoma
上質な素材と仕上げのアルミ削り出しパーツでおなじみのリゾマ。そのリゾマもEICMAでは、地元と言うこともあって大きなブースを出展、数々のパーツ装着車を展示していたのですが、中でも気になったのが、ブルーに彩られた新型KATANAのデモ車。ということで、各部をあれこれ見てみましょう!

KATANAと言えば、いろいろな意見が出ているパーツのひとつがハンドル。ファーストカタナは1100の、あの低く構えたハンドルがライダーの注目を集めましたが、新型KATANAはストリートファイターらしく、アップライトなバーハンドル。意のままに操るのにはこれが最適、とは分かっていても、低くしてみたら、セパハンにしてみたらどうだろう?と思う人も多いはず。

衝撃ニュース!ビモータとカワサキのタッグで生まれた「テージH2」誕生

リゾマはKATANAのデビュー当初からカスタムパーツを積極的にリリースしてきたパーツメーカーのひとつ。この「クリッポオンバー」はすでに5万700円で発売されているアイテムです。ミラーの「TOMOK」は2万700円、グリップは8200円、ブレーキレバーガードは1万4000円(価格はいずれも税抜)です。

スイングアームマウントのナンバーステーが特徴的なKATANAですが、そんなリア周りを一変させるアイテムがこのフェンダーレスキット。リゾマでは「ライセンスプレートサポート」という商品名です。すでに日本でも3万6800円(税抜)で発売中です。

小型のLEDウインカーは「corsa」シリーズ。ケースガードやステップペグなども、ボディカラーに合わせたブルーで統一。KATANAのイメージをまた違ったものにしてくれるアイテムです。リゾマは他にもまだまだKATANA用パーツをリリースしているようなので、気になるKATANAオーナーは公式サイトもチェックしてみてはいかがでしょうか?

EICMA2019の記事はこちら! 11月9日現在30本以上の新型車情報をすでに公開!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します