サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに電動チンクエチェントの1号車が完成! どうして古い「500」をEV化するのか?

ここから本文です

■チンクエチェント博物館がプロデュースしたイタリアの“動くモダンアート”

 チンクエチェントの愛称で親しまれるフィアット「500」を所蔵・展示するチンクエチェント博物館が2021年9月15日、同館がプロデュースする電気自動車、フィアット「500ev」のプロダクトモデル第1号車の完成を発表した。車両価格(消費税込、以下同)は660万円だ。

トヨタが165万円のEVを発売! これは買える! 使える!

 ちなみに1969年の「Fタイプ」をベースとしたクリームイエローの1号車の車両価格は、オプション代も含めて754万円である。

おすすめのニュース

サイトトップへ