サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー傘下の日産が国内市場を軽視し続けてきたというけれど……、日本向けラインナップは無駄が多かった

ここから本文です
ある種のカリスマ性を持っていた経営者、カルロス・ゴーン氏が、その重大な不正行為を理由に、日産自動車の会長職から解任された。事件については、すでに司法の手に渡った状態であり、限られた、それも精度の不明な情報をもとにあれこれ詮索するのは建設的とは思えないが、それでもゴーン氏の功績を再確認することには、意味があるだろう。ルノーの出資を受け入れ傘下に入ったことで日産が経営的に再生できたのは紛れもない事実だからだ。

ただし、その過程において「日本市場を軽視するようになっていった」という批判もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ