サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本で人気低迷も海外では大人気!? 三菱車が東南アジアでウケている理由とは

ここから本文です

■海外では人気上昇中! 低迷は国内だけ?

 三菱は、2004年のリコール隠しや、2013年に起こった燃費不正問題により、国内ではイメージダウンとユーザー離れが目立っています。1990年代後半には国内における三菱の乗用車販売は年間30万台以上といわれましたが、2019年は年間5万台にも満たない4万6930台しか販売されていません。

三菱、新型SUVミニバン「エクスパンダークロス」を発表! ド迫力の最上位モデルだ

 しかし、海外での三菱の評判は国内とはまったく異なり、販売も好調だといいます。とくに、東南アジアでの好調が目立つとのことですが、いったい、なぜ評価が大きく異なっているのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ