現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「トヨタがF1を目指すのではなく、WECを軸にF1を目指すドライバーを応援する」【中嶋一貴インタビュー/前編】

ここから本文です

「トヨタがF1を目指すのではなく、WECを軸にF1を目指すドライバーを応援する」【中嶋一貴インタビュー/前編】

掲載 9
「トヨタがF1を目指すのではなく、WECを軸にF1を目指すドライバーを応援する」【中嶋一貴インタビュー/前編】

 F1アブダビGPが終わった翌週、F1が開催されたばかりのヤス・マリーナ・サーキットで3日間に渡って行われたFIA F2のシーズンオフテスト。2024年からロダン・カーリンに加わり、FIA F2に参戦することになった今年の日本のダブルチャンピオン、宮田莉朋とともに、TGR-E(TOYOTA GAZOO Racingヨーロッパ)副会長の中嶋一貴もサーキットに訪れた。今回のFIA F2参戦プロジェクトを主導する中嶋一貴副代表に、改めての経緯、そして今後のプランなどを聞いた。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

宮田莉朋がデイトナ初走行へ。アメリカ初上陸のランボルギーニが初日最速【IMSA公認テスト水曜Topics】

──宮田莉朋選手のFIA F2参戦の経緯を改めて教えてください。

中嶋一貴(以下、中嶋)「今回の話はチーム側から日本のトヨタ側にコンタクトがあって進められたことで、そのチームとはすでに発表しているロダン・カーリンでした。『リトモに興味がある』ということで、急きょ交渉が始まり、お互いの目指すところが一致できたので、話がまとまりました。トヨタとしては、ドライバーにいろいろな可能性を提供したいということも理由のひとつでした。もちろん、トヨタのドライバー育成にはWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカーを代表して戦ってほしいというのが基本としてあります。それと同時に、9月に平川(亮)が2024年からマクラーレンのF1リザーブドライバーになることを発表したように、ドライバーが高みを目指すことに対して、トヨタとしてもそれを応援したい。これはトヨタというよりも、モリゾウさん(豊田章男会長)のあと推しがあって実現したと理解してください」

──トヨタは2009年までF1に参戦し、中嶋さんや小林可夢偉選手をF1にデビューさせた歴史があります。今回の平川選手や宮田選手の発表は、トヨタの育成方針の転換と考えてもいいのでしょうか?

中嶋「いいえ、もともと私たちが現役だった頃のトヨタのドライバー育成は、トヨタがワークスとしてF1活動をしていた時期だったので、F1活動がトヨタの中心になっていたと思っています。それに対して、現在は『ドライバーのため』というのが育成の哲学になっています。たしかに、トヨタがF1から撤退した2009年以降、しばらくはトヨタがF1をやっていない以上、トヨタの育成システムからF1を目指すという空気がなくなってしまったことは事実です。でも、モリゾウさんには常にドライバー・ファーストという思いがあって、それが今、形になってきたのだと思います」

──では、トヨタがF1を目指しているというわけではない?

中嶋「はい。今回の話はトヨタがF1をやるとかやらないという話とは関係なく、F1を目指すドライバーを応援したいということです。ただ、冒頭にも言ったように、トヨタのドライバー育成にWECという軸がなくなったわけではありません。今回の莉朋の話もF2に参戦しながら、ELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)も同時に参戦できるというのが大きな理由になっています。F2はWEC以上に世界中のさまざまなサーキットを転戦するので、日本から世界へ羽ばたこうとするドライバーにとっては、経験を積む場としてとても良いチャンスになります。ですので、F2だからスプリントとか、WECだから耐久だとかという考えではなく、トップレベルで戦うドライバーを育てたいという考えには変わりはありません」

──平川選手や宮田選手に何かアドバイスは?

中嶋「ありません。自分が持っている経験を超えた十分なものをふたりともすでに持っています。ただ、彼らが必要だと思うことをしっかりとサポートしたいという思いはあります」

──宮田選手はヨーロッパでレースを行うのが初めてです。どれくらいの期間、見守るつもりでしようか。

中嶋「個人的にはそんなに甘い世界ではないことはわかっているので、1年で結果が出なかったとしても、そこでおしまいというふうには私は考えていません。とはいえ、早いうちに結果を残して、その後の可能性が見えることを期待しています」

後編に続く

こんな記事も読まれています

BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
静かで快適「大人のフェラーリ」 550 マラネロ UK版中古車ガイド(1) フィオラノでF512 Mを凌駕
AUTOCAR JAPAN
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
中須賀克行、開幕2連勝。圧倒的な強さを見せる/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース1
AUTOSPORT web
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
ジムニーの消防本部広報車、1/43スケールで登場
レスポンス

みんなのコメント

9件
  • Tak
    気持ちはわかるがWECはF1解雇組の再就職先であり、ドライバーの力量にはよるものの基本は難しい。
  • go8********
    人気もなく昔のようにトップカテゴリとも言えないF1に興味を示さないのは、コンストラクタもドライバーも当然だと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村