サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「トヨタ・センチュリー」に描いた、福島県の生徒たちによる平成カスタム文化

ここから本文です

左ハンドル&観音開きドアでローライダー化

 昨年は元号が平成から令和に変わり、まさに歴史の節目というべき1年だった。東京オートサロンに展示された1台は、平成のクルマを使い、平成に流行ったカスタムを記憶に残すべく、製作されたローライダー仕様のトヨタ・センチュリー。福島県にある「WiZ 国際情報工科自動車大学校」の自動車車体工学科3年生たちが手掛けた力作を紹介しよう。

60年以上前の初代クラウンを学生たちがレストア! 若者の自由な発想で蘇らせた感動秘話とは

 センチュリーに込められたコンセプトは『Memory(メモリー)』。言葉どおり、平成の懐かしい記憶を呼び戻し、かつ見た人の記憶に刻み込まれるクルマの提案だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ