サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスの高級3列SUV新型「RX L」登場! 新ディスプレイ搭載して米国で発売へ

ここから本文です

レクサスの高級3列SUV新型「RX L」登場! 新ディスプレイ搭載して米国で発売へ

■RXのロングバージョンに2022年モデル登場

 レクサスの北米部門は、ラグジュアリーSUV「RX350L」「RX450hL」(以下、RX L)の2022年モデルを発表しました。

【画像】3列だからちょっと長い! レクサス高級SUV「RX L」をもっと見る(20枚)

 RX Lは、通常のRXの全長を伸ばしたロングバージョンで、3列シート7人乗りの仕様です。

 RX L 2022年モデルでは、新色のエクステリアカラーを採用。「クラウドバーストグレー」と「イリジウム」が設定されています。

 また、フォグランプを単独オプションとして選択することが可能になりました。

 RX L 2022年モデルでは、タッチパネル式マルチメディアディスプレイを初搭載。

 8インチまたは12.3インチ(オプション)のタッチスクリーンディスプレイにより、Apple CarPlayやAndroid Autoに接続し、SiriやGoogleアシスタントを介しての音声操作や電話、メッセージの送受信など、さまざまな操作をおこなうことができます。

 また、センターコンソールの前部にスマートフォンを収納するスペースを設置しました。

 レクサスマルチメディアシステムのタッチスクリーンでは、オーディオシステムや空調システムの操作に加えて、バックカメラによって車両後方の映像も見ることができます

 さらに、12.3インチマルチメディアシステムに搭載されている「ダイナミックボイスコマンド」では、従来のレクサスのシステムよりも多い数百万以上のフレーズを音声認識することができます。

 パワートレインでは、RX350Lは290hpの3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載。RX450hLは、3.5リッターV型6気筒エンジンとふたつの高トルク電気駆動用モーター・ジェネレーターを組み合わせて308hpのパワフルなパフォーマンスを発揮し、力強い加速と追い越し性能を実現します。

 RX L 2022年モデルは、ドライビングダイナミクスを強化。フロントとリアのスタビライザーバーは、軽量化のために中空になっていますが、径を太くし、ブッシュを強化することでロールを抑え、ステアリングレスポンスを向上させています。

 また、ショックアブソーバーはロールバーと連動し、ダンパーには高周波の振動を抑制するフリクションコントロールデバイスを採用することで、よりスムーズな走りを実現しています。

 応答性にさらに磨きをかけるため、高剛性のサスペンション設計により、路面からの騒音や振動を低減。曲がり角でもアクティブコーナーブレーキが内側のタイヤにブレーキをかけることでアンダーステアを防ぎ、車両のハンドリングに安定感を与えます。

 RX L 2022年モデルには予防安全パッケージとして、「Lexus Safety System+2.0」を標準装備。日中の自転車検知、夜間の歩行者検知に加え、ロードサインアシスト(RSA)、レーントレーシングアシスト(LTA)を搭載しています。

 なお、日中の自転車検知機能はプリクラッシュシステム(PCS)強化の一環で、従来システムは先行車や歩行者を検知するものでしたが、今回先行する自転車も検知できるようになりました。

 また、PCSは、カメラの感度とダイナミックレンジを向上させることで、暗い場所でも先行する歩行者を検知することが可能となっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します