サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【メーカーとユーザーが乖離】凋落のトリガーを引いた国産名車5選

ここから本文です

 日本車が元気で、好調に売れ続けたのは、昭和の時代から平成の時代にかけてだ。全盛期は、西暦で1980年代から1990年代の半ばまでになる。

 バブルが弾けた後は、名車といわれたクルマのいくつかは販売が低迷し、不人気車のレッテルを貼られた。そして栄光の座から滑り落ちたのである。

【日本車の鬼門!!?】 果敢に挑み散っていったクーペ風5ドアハッチバック 6選

 その理由はいくつか考えられるが、自動車メーカーとユーザーの思惑が大きくかけ離れ、凋落のトリガーを引いてしまったクルマも少なくない。ボタンの掛け違いなどでファンが離れてしまった5台の国産車について語っていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ