現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」

ここから本文です

アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」

掲載 1
アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」

 アルファロメオは、先日行なわれた2023年のF1最終戦アブダビGPを最後にザウバーとの関係を終了させ、F1での活動を終了させた。同社は今後、WEC(FIA世界耐久選手権)に参戦することを目指す可能性が高いようだ。

 2019年からザウバーとネーミングライツ契約を取り交わす格好で、本格的にF1に参戦したアルファロメオ。6年間に及ぶ活動で、最高位は2019年のブラジルGPでキミ・ライコネンが記録した4位。表彰台に手が届かないまま、2023年限りで両者の関係に終止符が打たれた。来季から同チームはザウバーへと名称が戻り、2026年からはアウディのワークスチームとして活動する予定だ。

■アウディのF1参戦計画は死んでない! ザウバー代表、アウディの”控えめ”アプローチには「理由がある」

 一方でザウバーから離れることになったアルファロメオは、一時は提携先をハースに切り替える可能性があるとも言われていたが、交渉は進展せず。F1からは離れることになった。ただ、今後はWECに参戦することを目指す可能性があるという。

 アルファロメオのジャン・フィリップ・アンパラトCEOはmotorsport.comの取材に対し、モータースポーツへの関与を続けること、そして現時点ではWECに移行する可能性が最も高いことを明かした。

 ハースF1との交渉がまとまらなかったことについて尋ねられたアンパラトCEOは、次のように説明した。

「我々は、ザウバーでやったようなスタイルのことをコピー&ペーストして行なうことに興味はなかった」

「そうなってしまったら、我々は車体にステッカーを貼るという立場になっていたわけだ。それはもはや新しいことではなく、我々の物語の一部にはならなかったはずだ」

「我々は別のことを検討し、すぐに結論に達した。アルファロメオはラリーの世界では何もしていない。(アルファロメオが所属する)ステランティス・グループは、フォーミュラEに参戦するふたつのブランド(DSとマセラティ)を持っている。そのため、アルファロメオとしては、過去に素晴らしい経験をしてきた世界であるWECに焦点が移ったのだ」

 アンパラトCEOは、現時点ではWEC参戦について最終決定がなされたわけではないとしつつも、最もコスト効率の高い方法を検討していると説明した。

「WECの世界は非常に興味深い時期を迎えており、そのように高揚感が高まっている時には、最高の目標を目指すにはどのレベルの投資が必要なのかを理解することが難しくなるものだ」

 そうアンパラトCEOは説明する。

「2015年には、LMP1クラスで制御不能なほどコストが高騰し、その影響が全体的に及ぶのを目にした。このことがどのように展開していくのかを理解するのに、少し時間が必要だったのだ」

「プロジェクトに着手する前に明確なイメージを持ち、自分が何に直面しているのかを正確に知ることが、正しい道だと信じている」

 ステランティス・グループ傘下のブランドとしては、プジョーがWECに参戦中である。このプジョーと提携するのが、最も効率の良い方法であるようにも見える。

「確かに、それは我々が検討したシナリオのひとつだ」

 アンパラトCEOはそう語る。

「ステランティス・グループの傘下には、すでにモータースポーツのプログラムと緊密に連携している企業がある。フォーミュラEのDSやマセラティなどがそうだ」

「我々がモータースポーツに復帰する時には、ステランティスのモータースポーツ・プロジェクトのサポートを受けることになる。プジョーが既にWECに参戦しているわけだから、協力を得られるのは可能という以上のものだ。その場合、おそらくそのふたつのプロジェクトは他の面では別々に進むかもしれないが、最終的には同じファミリーに属しているのだ」

「しかし現時点では、何も確かなことは決まっていないということを明確にしておきたいと思う。しかし投資の計画と評価が完了すれば、そうする(WECに挑戦する)つもりだ」

 ザウバーとのF1プロジェクトは、アウディがチームを買収したことで終了することを余儀なくされたが、その効果は絶大であり、ザウバーと組んでF1に参戦したことに後悔はないとアンパラトCEOは説明する。

「史上最高の投資だったと言える」

 そうアンパラトCEOは言う。

「イメージとしては、1ユーロの支出に対して、20ユーロが返ってきたようなものだ」

「ただそれと同時に、6年間我々のブランドを受け入れてくれ、素晴らしい関係を築いてきたチームと離れることになるので、それは少し悲しいと思う」

こんな記事も読まれています

初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
AUTOSPORT web
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
くるまのニュース
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
Auto Messe Web
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
AUTOSPORT web
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
くるまのニュース
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
KeePer CERUMOがオフからV字回復。激変したフィーリングと決勝での悔しい視界不良
AUTOSPORT web
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
AUTOSPORT web
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
チェイス・エリオット、42戦ぶり待望の復活勝利で二度のオーバータイム決着を制す/NASCAR第9戦
AUTOSPORT web
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
元トップ・ギア司会のジェレミー・クラークソンさん イギリス空軍機が自身が所有する農場に降り立ち驚愕
乗りものニュース
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ
くるまのニュース
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
【北京モーターショー2024】ホンダ 新型EVシリーズYeを発表し、シリーズ第一弾「P7」、「S7」と第2弾のコンセプトモデル「Ye GT CONCEPT」を世界初公開
Auto Prove
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
R34 GT-RオタクのF1候補生、ジャック・ドゥーハンが“早口で”愛を語る「いつの日か自分でビルドしたい!」
motorsport.com 日本版
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
日産、「全固体電池」採用の新型EVを28年に投入へ 普及拡大に向けた“革新技術”採用で競争力を強化 生産ラインを初公開
くるまのニュース
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
「歴史に埋没した」英国の老舗ブランドの今…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
1980年代にヒットした日本の軽自動車3選
GQ JAPAN

みんなのコメント

1件
  • m2_********
    ま、フェラーリのヤツ使ってヤれるしな…
    皮を少し変えりゃ…こりゃ楽しみ…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村