サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 〈ダイハツ・ロッキー〉コンパクトSUVのロッキーが一部改良!  最上級グレード「Premium」にモノトーンカラーを追加!【新型車レポート】

ここから本文です

〈ダイハツ・ロッキー〉コンパクトSUVのロッキーが一部改良!  最上級グレード「Premium」にモノトーンカラーを追加!【新型車レポート】

全グレードでモノトーン色が選択可能
上級2グレードの2トーン色は継続

DAIHATSU/ROCKY

【新型ハリアー最速カスタムCG!!_vol.3】予約した人は必見!! 販売前に妄想カスタム!! エアロメーカーがパーツ開発予想図を公開!!|アーティシャンスピリッツ

ダイハツ/ロッキー

ダイハツの新しいクルマ作りの理念であるDNGA。

この思想に基づき、すべての構成部品を刷新。

基本性能や品質を高めるだけでなく、スペースを最大限に活かした「使いやすさ」を徹底的に追及している。

DNGA第1弾を飾ったのは、タント。

ダイハツがスーパーハイトワゴンというジャンルを切り開いた車種であり、いま軽自動車で最もアツいカテゴリーに属する。

競合車が多い人気のカテゴリーだからこそ、室内空間の効率化を図ることは必須で、DNGAのポテンシャルを見事に表現した。

第2弾となるロッキーも、DNGAの思想を継承して開発されたSUVである。

軽自動車で培ったノウハウをコンパクトカーにもフィードバックし、DNGA最大の美点である室内空間の効率化を徹底的に追及。

取り回しの良い5ナンバーサイズのボディと相まって、爆発的なヒットを飛ばしている。

そんな大人気のロッキーが、発売から約7ヶ月後となる6月1日に早くも一部改良を施した。

内容は、ボディカラーの追加設定である。

最上級グレードの「Premium」は、2トーンの3色からしか選ぶことができなかった。

しかし、ディーラーを訪れる購入者から、モノトーンを選びたいという声が多数あったのだとか。

そんな要望に応えるカタチで、今回「Premium」にモノトーン8色を追加設定。

「G」「X」「L」で選択できたモノトーン8色が、「Premium」でも選べるようになっている。

「Premium」「G」に設定されている2トーン3色は、オプションとして引き続き選択が可能だ。

ボディカラー



「G」「X」「L」でしか選べなかったモノトーンが、「Premium」にも新設定。これで「Premium」はモノトーン8色、2トーン3色の全11色から選べるようになった。

【SPECIFICATION】

L 170万5000円(2WD)/194万4800円(4WD)
X 184万8000円(2WD)/208万6700円(4WD)
G 200万2000円(2WD)/222万4200円(4WD)
Premium 214万5000円(2WD)/236万7200円(4WD)

問:ダイハツお客様コールセンター 0800-500-0182
http://www.daihatsu.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_山口文明]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します