現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?

ここから本文です
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
写真を全て見る(21枚)

名車復活、でも名ばかりの失敗作も?

自動車の世界は、「革新」と「ノスタルジー」が混在しながら、消費者の需要に支えられて進化している。

【画像】シボレーK5ブレイザーとフォード・ブロンコが現代に復活【最新のリバイバルモデルを写真で見る】 全40枚

メーカーは新型車を投入するとき、往年の人気モデルの知名度を利用し、その銘板を復活させようとすることもある。最近ではGMCハマーやフォード・ブロンコなどが代表例だ。ただし、名車のネーミングを受け継ぐにはそれ相応のスピリットやエッセンスが必要で、残念ながら「名前負け」してしまうものもある。

ここでは、象徴的なネームプレートを持つオリジナルの名車とそのリバイバルモデルを紹介し、勝手ながら「成功 or 失敗」を考えてみたい。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

名門「ブラバム」仕様も! ヴォグゾール・ビバ HAからHC(2) クーペのフィレンザは唯一の現存
名門「ブラバム」仕様も! ヴォグゾール・ビバ HAからHC(2) クーペのフィレンザは唯一の現存
AUTOCAR JAPAN
自分の「首を絞めた」コダワリ品質 ランチア・アウレリア B10 ブリストル405(1) ピークは1950年代
自分の「首を絞めた」コダワリ品質 ランチア・アウレリア B10 ブリストル405(1) ピークは1950年代
AUTOCAR JAPAN
2024年版 タフでおしゃれな現代ピックアップトラック 10選 快適性も高い最新モデル
2024年版 タフでおしゃれな現代ピックアップトラック 10選 快適性も高い最新モデル
AUTOCAR JAPAN
これが英国乗用車の「ど直球」 ヴォグゾール・ビバ HAからHCまで(1) オペルとのコラボ作
これが英国乗用車の「ど直球」 ヴォグゾール・ビバ HAからHCまで(1) オペルとのコラボ作
AUTOCAR JAPAN
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
AUTOCAR JAPAN
三菱「新型パジェロ“ミニ”」!? 伝説的「“軽SUV”」11年ぶり復活するならどうなるべき? 高まる期待と現実的な落とし所とは
三菱「新型パジェロ“ミニ”」!? 伝説的「“軽SUV”」11年ぶり復活するならどうなるべき? 高まる期待と現実的な落とし所とは
くるまのニュース
名車キャロルにR360クーペもあったのに撤退!! マツダの軽全車OEM作戦は結果的に正解だったのか!?
名車キャロルにR360クーペもあったのに撤退!! マツダの軽全車OEM作戦は結果的に正解だったのか!?
ベストカーWeb
世界に一台しかない超個性派「アコードエアロデッキ」挑戦しすぎてあえなく撃沈したが今見ると新鮮で超エモい! 
世界に一台しかない超個性派「アコードエアロデッキ」挑戦しすぎてあえなく撃沈したが今見ると新鮮で超エモい! 
ベストカーWeb
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
AUTOCAR JAPAN
トヨタ2000GTに見た目も名前もソックリなオペル1900GT! でもこんな横回転式ヘッドライトは唯一無二!!
トヨタ2000GTに見た目も名前もソックリなオペル1900GT! でもこんな横回転式ヘッドライトは唯一無二!!
WEB CARTOP
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
WEB CARTOP
デビュー当初は理解されなかった? BMW Motorrad「GS」シリーズはいかにして人気モデルになったのか
デビュー当初は理解されなかった? BMW Motorrad「GS」シリーズはいかにして人気モデルになったのか
バイクのニュース
今でも乗りたい1970~1980年代の後輪駆動セダン3選
今でも乗りたい1970~1980年代の後輪駆動セダン3選
GQ JAPAN
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
Auto Messe Web
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
WEB CARTOP
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
AUTOCAR JAPAN
祝! 復活!! と思いきや……「別モノ」になっちゃったクルマの悲喜こもごも
祝! 復活!! と思いきや……「別モノ」になっちゃったクルマの悲喜こもごも
ベストカーWeb
Y34「セドリック/グロリア」って実はすごくね? クリアテールに最新トランスミッション!! 美麗なセダンは今こそ復活してほしい
Y34「セドリック/グロリア」って実はすごくね? クリアテールに最新トランスミッション!! 美麗なセダンは今こそ復活してほしい
ベストカーWeb

みんなのコメント

1件
  • fxnhe501
    身も蓋もない話だが、結局ユーザー側に需要があるかどうかということだろう。だからブレイザーは名前に関係なく売れた(もっと小さいトレイルブレイザーも)。逆に、復活Tバードにはそもそも商品が成り立つほどの需要がなかったのだと思う。PAGがフォードの一人相撲だったことを証明する例のひとつということかもしれない。

    一方、新ダートは無理にそんな名前を名乗らずに、素直にネオンで良かった気がする。しかし、それ以前にクライスラー系にはどうしても品質の問題がついて回るのだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村