サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1新車”雑感”解説:ウイリアムズFW43B。昨年のレーシングポイントのようなサイドポンツーン

ここから本文です

 ウイリアムズは3月5日、2021年用のニューマシンFW43Bを発表した。カラーリングが一変したため、大きく見た目が変わったが、サイドポンツーンやエンジンカウル、そしてリヤエンドに大きく手が入れられた印象を受ける。


 今季は昨シーズンからマシンの基本的な部分を引き継いでいるため、ノーズやマシンのフロント部分は昨年のFW43そのままのように見える。

■ウイリアムズF1の新カラーリングは、”先頭争い”に戻るという決意の表れ

 しかしリヤに目を転じると、変更箇所が垣間見える。

 サイドポンツーンの上面は平らになり、そのまままっすぐフロアに落とし込まれるような形状になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ