現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本でならこちらが便利? 「フォード・ブロンコ・スポーツ」は兄貴分とここが違う!

ここから本文です

日本でならこちらが便利? 「フォード・ブロンコ・スポーツ」は兄貴分とここが違う!

掲載 更新 4
日本でならこちらが便利? 「フォード・ブロンコ・スポーツ」は兄貴分とここが違う!

4ドアでもサイズは2ドアの「ブロンコ」並み! 岩場での安定走行を実現する「ロッククロール」モードを含む最大7つの走行モードを設定する「GOATモード」を採用

フォードは7月13日に6代目として復活を遂げた新型SUV「ブロンコ」を発表した。概要は本サイトでもご紹介済みなので、ご存知のことだろう。新型ブロンコではさらに、高い悪路走破性と日常での使い勝手を両立するコンパクトボディのバリエーションとして「ブロンコ・スポーツ」が設定されている。ブロンコ・スポーツもブロンコと同様、米国では予約注文受け付けが始まっており、今年後半からデリバリーがスタートする予定だ。

ベーシック仕様も992世代に! 新型「ポルシェ911ターボ」が発売開始

そのボディサイズは、全長172.7×全幅(サイドミラー込み)82.2×全高70.2~71.4インチ(4387×2087×1783~1814mm)でホイールベースは105.1インチ(2670mm)。この数値は”本家”ブロンコと比較すると、4ドアボディながら2ドアとほぼ同じ。4ドア・ブロンコ比では、特に全長とホイールベースが大幅に短くなる。搭載エンジンもベーシックが181hp/6000rpmと258Nm/3000rpmを発揮する1.5L直列3気筒ターボと、245hp/5500rpmと373Nm/3000rpmの2L直列4気筒ターボの2種。2.3L直4と2.7L V6を擁するブロンコより小排気量だ。なお、ブロンコ・スポーツのトランスミッションは両エンジンともに基本的に8速ATとなる。

ブロンコ・スポーツに搭載する4×4システムは、従来の機械式ロッキングディファレンシャルと同様に、オフロードでのパフォーマンスを向上させるロッキングディファレンシャル機能を備えた専用のツインクラッチリヤドライブユニットを採用。このシステムでは、実質的に後輪のどちらかの車輪にすべてのトルクを配分することが可能で、一般的なオフロード対応SUVとは一線を画している。サスペンションは起伏の激しい地形での走行にも対応したものだ。

ブロンコ・スポーツの卓越した悪路走破性は、フォードのトレイルテクノロジーによって補完。最大7つの走行モードを有する「GOATモード」を備えたテレインマネジメントシステムが採用され、標準仕様では「ノーマル」、「エコ」、「スポーツ」、「スリッパリー(滑りやすい路面用)」、「サンド(砂漠)」の5モードを設定。

245ps/373Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボ「EcoBoost」エンジンを搭載する導入初期仕様の「ファーストエディション」と、「バッドランズ」ではさらに「マッド/ラッツ」と「ロッククロール」の2モードが追加される。なお、「ファーストエディション」と「バッドランズ」には、高次元の走破性を実現すべく専用設計のフロントストラットサスペンションを搭載。直径46mmのモノチューブショックアブソーバーを組み合わせ、悪路でクラストップレベルの応答性や快適性を実現。最大渡河深度は23.6インチ(約600mm)に設定されている。

「ロッククロール」モードでは電動パワーステアリングシステムが独自に調整され、正確な制御を提供。岩の多い路面でのステアリングの乱れを低減してくれる。

独自の「トレイルコントロール」テクノロジーにより、オフロードでの扱いやすさは非常に高い。前進で最大20マイル(約32km/h)、後退で最大6マイル(約9.6km/h)までのクルーズコントロール状態が維持できるので、ドライバーはステアリングホイールとブレーキの操作に集中することが可能だ。







内外装にもブロンコ・スポーツ独自の装備・仕様が与えられている。最大129平方メートルを照射できるLED投光器がリヤゲートに備わるほか、シートバックや荷室側面にはカラビナなどを用いて各種ギアをぶら下げることができるMOLLEストラップ、ジッパーで収納できるシートバックポケット、リヤゲート部に備わる栓抜きなどが挙げられ、アウトドア・アクティビティでの利便性を高めている。後席シートバックを倒せば、27.5インチホイールのマウンテンバイクが収納でき、専用アクセサリーで固定も可能だ。

ブロンコ・スポーツではさらに、100を超えるアフターマーケットアクセサリーがディーラーで用意されており、用途に合わせて「バイク」、「スノー」、「ウォーター」、「キャンピング」の4つをテーマにしたライフスタイルアクセサリーも設定されている。

なお、ブロンコ・スポーツにも標準のブロンコと同様に、8インチタッチスクリーンを組み合わせる先進のインフォテイメントシステムや、各種の先進運転支援機能で構成する「Ford Co-Pilot360」を採用している。






こんな記事も読まれています

カーナビ画面は「北が上?」それとも「進行方向が上?」 どっちが多数派!? それぞれのメリットを「実際のユーザー」に聞いてみた!
カーナビ画面は「北が上?」それとも「進行方向が上?」 どっちが多数派!? それぞれのメリットを「実際のユーザー」に聞いてみた!
くるまのニュース
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
WEB CARTOP
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
バイクブロス
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
バイクブロス
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
バイクブロス
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
Merkmal
スズキ新型「クルーズ」発表! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”! MT設定&精悍エアロもイイ「エルティガH」尼で登場
スズキ新型「クルーズ」発表! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”! MT設定&精悍エアロもイイ「エルティガH」尼で登場
くるまのニュース
日本にもたまにある!? バイクでのランドアバウトの正しい走り方とは
日本にもたまにある!? バイクでのランドアバウトの正しい走り方とは
バイクのニュース
ホンダ『メトロポリタン』…米国版『ジョルノ』の2025年モデル
ホンダ『メトロポリタン』…米国版『ジョルノ』の2025年モデル
レスポンス
巨匠が残した含蓄に富む名台詞を振り返る!! 小さな高級車論ほか 【復刻・徳大寺有恒「俺と疾れ!!」】
巨匠が残した含蓄に富む名台詞を振り返る!! 小さな高級車論ほか 【復刻・徳大寺有恒「俺と疾れ!!」】
ベストカーWeb
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
WEB CARTOP
1番安いのは「150万円」! 全長“4m以下”&利便性バッチリ! コンパクトな「国産ホットハッチ」3選
1番安いのは「150万円」! 全長“4m以下”&利便性バッチリ! コンパクトな「国産ホットハッチ」3選
くるまのニュース
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
motorsport.com 日本版
【MotoGP】アコスタは”天才”とKTMエスパルガロ太鼓判「誰も真似できないライディングをしている」
【MotoGP】アコスタは”天才”とKTMエスパルガロ太鼓判「誰も真似できないライディングをしている」
motorsport.com 日本版
陸・空の移動をシームレスに!「ホンダジェット」を使用したシェアサービス、2024年6月から開始!
陸・空の移動をシームレスに!「ホンダジェット」を使用したシェアサービス、2024年6月から開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長4.1mで8人乗り! アンダー200万円のスズキ「めちゃコンパクトミニバン」がスゴい! 質素すぎる「APV」は日本でも求められる存在か
全長4.1mで8人乗り! アンダー200万円のスズキ「めちゃコンパクトミニバン」がスゴい! 質素すぎる「APV」は日本でも求められる存在か
くるまのニュース
色良し、スタイル良し、好みなんです!ホンダの原付二種レジャーモデル『CT125・ハンターカブ』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
色良し、スタイル良し、好みなんです!ホンダの原付二種レジャーモデル『CT125・ハンターカブ』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村