現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 崖っぷちマルティン、スプリント9勝目で逆転王座の希望つなぐ。バニャイヤ5位で差は14点に|MotoGPバレンシアGP

ここから本文です

崖っぷちマルティン、スプリント9勝目で逆転王座の希望つなぐ。バニャイヤ5位で差は14点に|MotoGPバレンシアGP

掲載 1
崖っぷちマルティン、スプリント9勝目で逆転王座の希望つなぐ。バニャイヤ5位で差は14点に|MotoGPバレンシアGP

 MotoGP第20戦バレンシアGP MotoGPクラスのスプリントレースが11月25日に行なわれた。優勝はホルヘ・マルティン(プラマック)だった。

 バレンシアGPは2023年シーズン最終戦となるが、最高峰クラスは最後までタイトル争いがもつれ込んでおり、首位のフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)をマルティンが21ポイント差で追いかけている。

■グレシーニ移籍のマルケス、輝きを取り戻しドゥカティ陣営を”破壊”するのか?「僕はウイナーであり、キラーなんだ」

 予選の結果、マルティンは6番手スタート。一方でバニャイヤはQ1スタートだったにもかかわらず最終的にマルティンを上回る2番手を確保した。ポールポジションはマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)が獲得した。

 全13周で争われるスプリントレースは、バニャイヤが好スタートを切って先頭に立ったかと思われたが、ポールシッターのビニャーレスが意地を見せてすぐさまオーバーテイクし返した。

 2番手以降ではバニャイヤ、マルティン、ブラッド・ビンダー(KTM)といったライダーが1周目に激しくポジションを争うと、マルティンとバニャイヤが接触しそうになる場面もあった。その結果隊列に乱れがあり、バニャイヤは5番手に後退してしまった。

 マルティンはそれ以降も手を緩めず攻め続け、ビンダーの後ろ3番手で前を追いかけた。

 5番手に後退したバニャイヤは少しずつ差を広げられてしまい、3周を終えた段階でトップ集団からは約1秒の差となっていた。その後もバニャイヤは差を詰めることができず離されていく展開が続いた。

 トップ争いでは5周目あたりからビンダーがビニャーレスに対してチャージをかけ始め、6周目には一度オーバーテイクを仕掛けていった。ただ抜き切ることができず、ビニャーレスが先頭を維持した。

 ビンダーは7周目にもう一度仕掛け、ビニャーレスをパス。しかしビンダーは次の周、若干ラインをはらませた瞬間を見逃さなかったマルティンに、トップを奪われてしまった。

 マルティンは一度トップに立った後は、大きなリードを築くまでは行かずともビンダーに反撃を許さずに走り続けた。ラストラップは約0.3秒の差を維持してフィニッシュし、今シーズン9度目のスプリントレース勝利を挙げた。2位はビンダー、そして3位はマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)だった。

 バニャイヤは序盤に一度ポジションを落とした後は、無理をしない走りで5位を確保。マルティンが勝利したことでポイント差は14点まで縮まっており、タイトル決定は決勝レースへと持ち越された。

 なおバニャイヤは決勝レースで5位以上に入れば、たとえマルティンが優勝した場合でも2023年のチャンピオンが決定する。そのためマルティンとしてはスプリント同様にまず優勝を目指すレースとなるだろう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
くるまのニュース
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
レスポンス
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
motorsport.com 日本版
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
くるまのニュース
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
AutoBild Japan
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
くるまのニュース
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • wat********
    14点差
    ペッコはリードしているから 無理はせず、守りに入った走りになる
    マルティンはビハインド分 リスクを背負い、攻めの走りができる
    精神的には ドローだ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村