サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本人初のサファリラリー優勝者、藤本吉郎が語るセリカGT-FOURでの挑戦/WRC

ここから本文です
 2021年シーズンのWRC世界ラリー選手権では2002年以来、19年ぶりにサファリラリーが復活する。アフリカ・ケニアを舞台に行われるラリーは2020年にWRCイベントとして開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で開催がキャンセルされ、今季改めてカレンダー入りが叶った形だ。そんなサファリラリーで日本人として初めて優勝を果たした藤本吉郎がWRC公式サイト『wrc.com』のインタビューに答えている。

 市販車およびモータースポーツ競技車両用サスペンションの製造、販売を行う株式会社テイン(TEIN)を起こし、現在は同社の代表取締役専務を務める藤本氏。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン