サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やっぱり高齢者ほど踏み間違えやすい!!? ITARDAの最新データから見る踏み間違い死亡事故の現状

ここから本文です

 ITARDA(公益財団法人 交通事故総合分析センター)が「ペダル踏み間違いによる事故 ~事故統計分析から多重衝突の実相に迫る~」というデータを発表した。

 内容としては、2018~2020年に発生した死亡事故のデータから、ペダル踏み間違いによる事故がどの年齢に多いのかや、対車両・単独・対人というケース別にみる死亡事故が発生しやすい操作やその構成率の分析を行っている。

やっぱり高齢者ほど踏み間違えやすい!!? ITARDAの最新データから見る踏み間違い死亡事故の現状

 データによると、ペダル踏み間違いによる死亡事故は75歳以上が最も多く、次いで65~74歳となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン