サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > シトロエンからサイクリストを魅了するキャンピングカーが登場

ここから本文です

シトロエンからサイクリストを魅了するキャンピングカーが登場

仏シトロエンは9月26日、パリで開催されたレジャービークル・モーターショー(9月28日~10月6日)に、「スペースツアラー・シトロエニスト・コンセプト」を出展した。

シトロエンは日本ではコンパクトカーやミニバンの印象が強いが、実はモーターホームのマーケットでも欧州ナンバー2の老舗。足下でのカテゴリーシェアは11.7%に達し、代表モデル「スペースツアラー」と「ジャンパー」の本年上半期におけるセールスは、前年比でそれぞれ68%増と4%増というから、その存在感は近年ますます大きくなっている。

そんなシトロエンがお膝元でのショーに持ち込んだのは、スペースツアラーをベースに自転車メーカー「マートン」とコラボした「スペースツアラー・シトロエニスト・コンセプト」。パッケージングがウリの実用MPVであるスペースツアラーは、ブラックとホワイトの内外装でスタイリッシュなマシンへ変身。さらに、マートンのイメージカラーであるレッドの差し色が各所に施されるのもファンにはたまらないディテールで、本国ではこのコンセプトに合わせた専用デザインの自転車がマートンから実際に販売されるとのことだ。

機能面ではラゲッジスペースに2台の自転車を固定できるレールが備わるほか、ポップアップルーフを上げれば大人2名が眠れるスペースが出現する。カップルでのサイクリングトリップにはこれ以上ない仕様となっている。スクリーンとコネクテッド機能を備えたマルチメディアキャビネットも現代のキャンピングカーらしい装備といえるだろう。

また、あらゆる場所へ足を運べることも、このジャンルに求められる要件のひとつだが、そこは老舗のこと、定評あるパワフルなパワーユニットと高い信頼性を誇るAWDシステムが、少々の悪路はモノともしない走破性を確保している。

国内では見られないもうひとつの顔も実に魅力的なシトロエンだが、スペースツアラーのルーツはトヨタとPSAの共同開発によるもので、日本との縁は意外に濃い。これを契機にキャンピングカーの国内正規導入を期待するのは、望み薄だろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します