サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキのSV650が予想以上にオモシロい!フツ―に見えるけど、これはフツ―じゃないぞ!?

ここから本文です

スズキのSV650が予想以上にオモシロい!フツ―に見えるけど、これはフツ―じゃないぞ!?

2016年に登場したSV650を初めて目にした時に思ったことは、オーソドックスなスタイルのネイキッドで、コンパクト&スリムな650ccスポーツだナァっていうこと。だけど走らせてみたら、超ビックリ! 今じゃスズキの大型バイクラインアップの人気モデルに育ちました! 

スズキのバイク!TOPページはこちらから!
先入観は厳禁。SV650って、こんなに熱いバイクだったの!?
最新モデルのSV650はこちらから!
※本記事の車両は2016年モデルです

ホンダが「CB-F コンセプト」を世界初公開!

最近の「ネイキッド」っていうと、ヨーロッパ系のスタイルが主流です。

SV650みたいな丸目1灯のヘッドライトのオーソドックスなオートバイは逆に珍しくなってきました。

欧州的なデザインに感覚が慣れ過ぎてきたのか、ボクにとって2016年に見たSV650の印象は、普通っぽいスタンダードスポーツって感じだったんですけど、これがなかなかどうして……ちゃんと乗ってみたらビックリでした。

「ええっ!? これが新車68万4000円(税抜)って買えるってホントかっ?」

と思えるくらいオモシロい。

走らせるだけで、ものすごくテンションが上がるんです!

たぶんSV650は同クラスで、いちばん「走り」に真面目です
ミドルクラスっていうと、思い浮かぶのがホンダのNC750XとかヤマハのMT-07でしょうか。

でもNC750Xは冒険バイクスタイルのツアラーだし、MT-07は乗りやすさが際立った優しいキャラクター。

そういう中でSV650だけが思いっきりソリッドに走りを楽しめるバイクだったんですね。

まず、足まわりの印象からして全然キャラが立ってます。NC750XやMT-07がソフトな印象なのに対してSV650はヨーロピアンスポーツっぽい感じでした。

しなやかだけど、しっかり系。

だからハンドリングがダイレクトです。

それはつまり「思ったとおりに動いてくれる」っていうことで、コーナーに飛び込んでいくとき、ライダーの予想とバイクの動きにほとんどズレを感じません。

しかも、バイクを寝かせていても前後のサスペンションがグッと路面をつかんでいることがわかりやすく感じられました。

なので、安心してオートバイをグイグイ寝かせていけるんですよ。

しかも、バイクからのインフォメーションがわかりやすいから「これ以上はちょっと怖いな」と感じることもできます。

バイクに乗せられているのではなく、ライダーが判断して「操っている」感じですね。

これがホントに面白くて、ワインディングをどんどん先に進みたくなっちゃうんですよ。

SV650は、けっこう細部にこだわってる?
乗ってみて、近くでじっくり見てから気づいたんですけれど、実はSV650って細かいところのデザインにかなり凝っているんです。

特にタンクのスリムさとシートまわりのシャープさ、それにつながるヘッドライトの小型バイザーのつながりは見事で、デザインに一体感があります。

よーく見ると、ちゃんと現代的。

単なる丸目1灯のネイキッドではなかったのです。

遠目に見るよりも、実際に近くで見たほうが断然カッコいいバイクなんですね、SV650って。

それにやっぱり、これぞネイキッド!っていう全体の印象はスッと心に馴染みます。

最近たまにあるんですけど「やたらトンガリすぎたデザイン」で、ライダーが何を着て乗ったらいいか分からなくなる、なんてこともSV650なら心配なさそう(笑)

どんなライダーが乗っても自然なスタイルになれます。

もちろん軽いしコンパクトだから女性ライダーになって自信をもっておすすめできます!

スズキの知られざる「傑作エンジン」
フットワークが自由自在だから、ワインディングも街乗りも楽しいSV650ですが、このバイクに「ハートが燃える」理由はやっぱりエンジンです。

650ccってこんなにパワフルだっけ?と思うくらい元気に走ります。

非力なんてとんでもない!

充分以上に速いエンジンで、しかも低速に強いVツインだからスタートダッシュもグワッと加速してくれる。

大きくアクセルを開けると本当に綺麗に伸びていってくれてるし、7000回転くらいから上の高回転域でトドメにもうひと伸び!

この瞬間がまた快感でした。

ちなみにサウンドチューニングも見事で、アクセルを開けると「ガロロロロッ」と吸気サウンドにテンションが上がります。

これ、ホントにアドレナリンが出ますよ?

そのうえで「ローRPMアシスト」っていう、発進時などに自動ですこしエンジン回転数を上げてくれる機構が超安心です。

坂道発進だけじゃないですよ? どんなときでもクラッチ操作に気を使わないんです。まだまだビギナーで発進がニガテ……なんていうライダーじゃなくても、これはありがたい装備。

世の中のバイクすべてに搭載してほしいかも、と本気で思います。

スキルも年齢も問わずに、みんな楽しめる懐の深さがスゴい!
SV650は、ものすごくバイクが上手なライダーが操れば、かなりの「リッターバイクキラー」になるかもしれません。

そしてボクみたいな中級ライダーは、それこそ単純に走りが面白くて仕方ない。

ちなみに余談ですが、このバイクを撮影する時にカメラマンに乗せてみたんです。

彼は実に16年ぶりのライディング体験と後で聞いて焦りましたけど、すごく乗りやすいからイケるかな、と思って(笑)

走り出す前にいちおう「ワインディングは走らずに帰ってきてネ!」と言い渡したんですが、彼はあまりの感動と楽しさに「どうしてもコーナーへ行きたくなっちゃって」と、言いつけを守らずワインディングへ行ってしまいました……。

でも「すごいねコレ、思ってるとおりに動く!」と、大コーフン&満面の笑顔で帰ってきたので何も言えませんでしたけど(笑)

どんな人が乗っても楽しすぎるのがSV650。

お値段以上のオモシロさ、ギッシリ詰まってます!

これぞニッポンのネイキッド! SUZUKI SV650 ABS           
最新のSV650はコチラからどうぞ!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します